美肌 スキンケア

美マイル

敏感肌こそファンデーションにこだわって!大切な7つの知識

敏感肌こそファンデーションにこだわって!大切な7つの知識

敏感肌とはアレルギーなどの原因はないものの、赤い湿疹が出やすかったり

肌荒れが慢性的な状態であったりと、常に不安定な状態であるため、トラブルが起きやすい肌

それなら、化粧をしないで肌を休ませればいいんだ!と安易に考えてしまいますが

いまや、化粧はマナーの一つです。すっぴんで会社に行くことは・・・出来ませんよね?

となれば、一番肌に負担をかけるのは、直接肌に塗る「ファンデーション」です!

敏感肌の人こそ、見た目だけ綺麗にしてくれるファンデーションを選ぶのではなく

その成分にまでこだわる必要があります。

今回は、そんな敏感肌の皆さんが「ファンデーション」を選ぶ際にこだわってほしい

7つの大切なポイントをご紹介します♪

スポンサーリンク

 

 

1 パウダー?リキッド?何がいいの?

 

敏感肌の人がまず悩むのは、ファンデーションの種類だと思います。

敏感肌の人って、同時に乾燥肌の人が多いと思います。なぜなら、肌が乾燥していると皮膚の表面が荒れてしまうので

雑菌などが入りやすくなり、肌トラブルが多くなるといわれています。

ですから、敏感肌の方には、「保湿」も兼ね備えたものが良いでしょう。

また、ファンデーションの定義を「トラブルを隠すために塗るもの」ではなくて、「肌に負荷を与えないで、栄養を与えるもの」と考えてみませんか?

やはり敏感肌用の化粧品は、一般的なものと比較してカバー力が弱いと感じるかもしれません。

ですが、カバー力が弱いというのは言い換えれば、肌に負荷をかけないものと捉えられます。

あなたにとって何が大事なのか見直しましょう。

 

2 一番は成分!ミネラルがおすすめ

 

敏感肌の方なら、多くの方がご存じなのではないでしょうか?ミネラルファンデーションです♪

これは、そのほとんどが100パーセント天然のミネラル成分から作られていて、オイルなどの肌に負担をかける成分が入っていないのです。

もちろん天然成分ですので、お肌に塗っても低刺激でピリピリすることが少ないのも魅力です。

ファンデーションを選ぶ際の一番の優先順位は、「カバー力」という方も多いですが、「配合成分」を再確認してあげることも大切です。

 

 

3 石鹸で落ちるものを

 

敏感肌の人は、極力肌への刺激をしないでください。

刺激は、ファンデーションを塗るよりも落とすときの方が強いってご存知でしたか?

クレンジング剤で、ごしごしと洗う事は、肌の表面をものすごく傷つけているのです。

ですから、敏感肌の人はクレンジング剤を使わずに、落とせるファンデーションがおすすめです。

上記で説明したミネラルファンデーションは、天然の成分を使用しているので

普通の洗顔で十分に落とすことができます。

ごしごし洗わないで、するっと落とすのが理想的な化粧落としの方法です。

 

4 紫外線カバーは重要

 

ファンデーションUVカットの成分が入っているものを選びましょう。

紫外線は、肌の老化を促進させてしまいますし、その上日焼け止めとファンデーションの重ね付けは、肌に相当な負担をかけます。

最近のファンデーションは、UVカットになっているものがほとんどですので、積極的に選んでみてください。

紫外線による、しみ・しわは10年後に出るといわれていますので、未来の自分が苦労しないためにも早めから対策をとりましょう!

 

5 ノンアルコールのものを選びましょう

 

敏感肌の人の中には、使っただけでアルコール成分が含まれているかお分かりになる人もいるようです。

肌のピリピリ・ヒリヒリの原因がアルコールだといわれています。

化粧水に使われるアルコールは、植物エキスなどの油分と、水分を混ぜ合わせるときに必要なものだそうです。

ですから、ほとんどの化粧品に使われています。

後ろの成分表を見て、「・・・ノール」と後ろにノールとついているものは避けたほうが無難でしょう!

 

 

6 スポンジは洗い替えも忘れずに

 

ファンデーションばかり気を付けていて、スポンジはずっと同じものを使っていたなんてことありませんか?

一週間に一度は洗って、雑菌が繁殖するのを防ぎましょう

清潔を保つ事も、敏感肌の方にとってはとても大事なことです。

 

7 メイクブラシで塗るのがおすすめです

 

スポンジが決して悪いのではありません。

おすすめは「メイクブラシ」です!肌に塗る際に、ソフトタッチで塗れるので肌への負荷がかかりにくいのです。

その中でも、リス毛が一番柔らかくおすすめです。ただ、毛が柔らかいのが特徴なので、一度ではっきりとした色がつきにくいため

何度も塗るという手間はかかります。

それに、比べてヤギの毛は、一本一本が太いので、仕上がりは早いですが、肌触りはごわごわします。

普通肌の方は、どちらでも良いと思いますが敏感肌の方は、是非とも手間を惜しまずに、リス毛のブラシを使ってみてください♪

 

まとめ

 

1 パウダー?リキッド?何がいいの?

2 一番は成分!ミネラルがおすすめ

3 石鹸で落ちるものを

4 紫外線カバーは重要

5 ノンアルコールのものを選びましょう

6 スポンジは洗い替えも忘れずに

7 メイクブラシで塗るのがおすすめです

 

以上、敏感肌の方がファンデーションを選ぶ際にこだわって欲しいポイントをいくつかご紹介しましたがいかがでしたか?

ファンデーションの使い方だけでも、こんなに気を付けることがあると感じたのではないでしょうか。

しかしながら、現代の女性は忙しい!下手したら、化粧をしている時間のほうが、すっぴんの時間よりも長いなんてこともあるかもしれません。

敏感肌の人はだからこそ、化粧の基礎となる「ファンデーション」をきちんと選ぶことが大切なんですよ。

皆さんの肌がより一層きれいになりますように♪

スポンサーリンク

 

タグ :  

メイク 美肌 敏感肌 美肌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: