ニキビ 薬

美マイル

どうしても治らないニキビにおすすめの漢方薬と5つのチェックポイント

どうしても治らないニキビにおすすめの漢方薬と5つのチェックポイント

 

 

 

ニキビは青春のシンボルだなどという言葉が世に広まった頃から

ニキビは若い人たちのものだと思われてきましたが

今では若年層と老年層のニキビ対策が分けられているのが現状です。
ニキビがなかなか治らない、今の対処法で正しいのか自信がない

他に選択肢はないのかと悩んでいるなら、まずは現状のチェックから始めてみましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

1) ニキビの原因はいろいろ、どのタイプか正しく見極めをチェック

 

 

 

お年頃なら男女問わずに気になるのがニキビです。
肌がチクッとして、なんとなく鏡を見たら少しぷっくりと腫れている気がする・・・。

次第に大きく膨らんで、しまいには腫れの先端が白くなって水脹れの状態に。

どうしても気になって、ダメだと思いながらもいじってしまうと破裂して、

体液と一緒に白い芯を引っこ抜いてしまう・・・。
誰にでも経験がある、やってはいけないニキビ潰しです。

跡になるからダメだよといわれていても、ついつい気になって触ってしまいます。

それもこれも、ニキビがもっとも人目に触れやすい顔という場所に集中するから仕方ないのかもしれません。
ニキビの原因はいろいろですが、

若年層のニキビなら活発に出てくる皮脂が毛穴に詰まったり

分泌物がばい菌繁殖の温床になったりしますから、清潔を保つことが何よりの対策になります。
大人ニキビといわれるような、いわゆる吹き出物を含めたものは

その原因がいろいろとあります。

加齢による肌の乾燥から炎症を起こしてニキビができてしまう場合もあれば

特に女性には更年期障害ホルモンバランスの乱れによるニキビも考えられます。
一概に、若年層のニキビと一括りに考えるわけにはいかないのです。

2) 良かれと思ったことが次々と裏目に。対処法の間違いをチェック

 

 

 

若年層のニキビなら対処法は限られていますが

老年層のニキビは特に注意をしてから対処しなければなりません。

なぜなら、良かれと思って実行したことが次々と裏目に出てしまうこともあるからです。
まずは、肌の乾燥具合をチェックしてみましょう。

1日中カサカサして、いつも顔を触ったり掻いたりしていませんか?

同じく、頭皮を掻いたりするようなことが続けば

顔だけでなく頭皮まで乾燥しているかもしれません。

 

 

また、頭皮を掻き続けるようであれば頭皮湿疹を疑う必要が出てきます。
頭皮湿疹を起こしているなら、顔にも湿疹が広がる可能性もあり

特に頭髪の生え際を掻き続けてニキビのような湿疹が出ることもあります。
湿疹を抑える市販薬もありますし

症状が軽ければ保湿を十分に行うことで症状が抑えられる場合もあります。
また、ニキビを治したいばかりに

顔を洗いすぎたりすることも原因かもしれません。

特に背中のニキビを気にしている方もいらっしゃいますが

ゴシゴシ強く擦りすぎるのが原因とも考えられます。

さらに、化粧品を変えたばかりなら化粧品かぶれの可能性もあります。

3) ニキビはどこかが悪い証拠。肌、ホルモン、乾燥、内臓のチェック

 

 

 

ニキビは肌の表面にできるものですが

実は体の内面でトラブルが起きている証拠かもしれません。
前述のように、乾燥や肌を洗いすぎたり擦りすぎたりということも考えられますが

女性の更年期障害によるホルモンバランスの乱れが原因なら

ニキビだけを治そうとしてもムダです。
必要なのはアクネ菌対策のニキビ薬ではなく

漢方薬や更年期障害の薬を服用することをオススメします。

また、ビタミン剤(特にBB系のサプリメント)も合わせて服用するとよいでしょう。

ホルモンバランス系の原因であれば

これらの対処法を試せば2~3週間程度でニキビがおさまるなどの効果があらわれます。
もうひとつ忘れてはならないのが、内臓のトラブルを抱えていないかどうかです。

特に、背中に湿疹のようなニキビができる

夜になると痒みを伴うようであれば腎臓などの器官が弱っている可能性が考えられます。

 

市販薬で治すよりも、まずは内科医や専門医の診断を受けてから

医師の指示に従って処方箋などの服用をするのが適切です。

4) 「体の内面の問題かも・・・」と思ったら漢方薬もチェック

 

 

 

体に優しく、多くの女性の注目を浴びているのが漢方薬です。

一昔前までは、漢方薬といったらお値段も高くてニオイもきつい

もちろん美味しくないし、できれば頼りたくない存在でした。

 

 

しかし、今ではだいぶ飲みやすい漢方薬が販売されるようになり

お値段も手頃になりつつあります。

また、お酒のメーカーと漢方薬メーカーの共同開発などで

女性が毎日少しずつ楽しめる漢方のお酒も販売されるようになりました。
“百薬の長”といわれるお酒と漢方薬を上手に利用できる時代にもなりましたし

体の内面の問題に悩まされているなら漢方薬を試してみるのもよいかもしれません。
顔にできるニキビも背中にできるニキビも

ホルモンバランスの乱れや更年期障害からくるものであれば

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)の成分でバランスを戻すことができます。

 

 

血の巡りを改善したければ桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)という成分を

さらに清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)という成分も同時に配合されている漢方薬であれば、

赤いニキビが多くできている方にオススメです。

 

 

特に赤いニキビの改善に効果があるといわれている成分ですから、漢方薬を選ぶときに覚えておくとよいでしょう。

5) 忘れがちな存在「薬剤師さん」もチェック。薬局・薬店で気軽に相談、漢方薬の選び方も

 

 

 

できれば医師や専門医に相談を。

そういわれてもなかなか病院に行けない事情があります。

仕事が多忙で病院の予約がとれない

あまり病院には行きたくないと思っている方が多いかもしれません。

それなら、近くの薬局・薬店に常駐している薬剤師さんに相談してみるのもよいでしょう。
どうしてもニキビが治らない

市販薬や漢方薬で対処したいという相談から日頃の体調のことまで、気軽に相談できます。

飲み合わせや副作用など、病院ではなかなか相談できないこともじっくりと訊けますから

ぜひ薬剤師さんもアナタの強い味方として覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

1.ニキビの原因タイプの見極めチェック

2.対処方法の間違えチェック

3.肌 ホルモン 乾燥 内臓チェック

4.漢方薬チェック

5.忘れがちな存在「薬剤師さん」チェック

 

 

 

 

ニキビという言葉に馴染みがあるからといって甘く見てはいけません。

間違った対処法で悪化させてしまうこともありますし、なかなか効果がでないこともあります。

原因を正しく特定し、幅広い専門家の意見を聞きながら、自分にあった対処法を見つけましょう。
日頃のケアやニキビの薬で効果がないのであれば、漢方薬を試してみるのもよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

タグ :  

ニキビ ホルモン 美肌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: