美肌 スキンケア

美マイル

ニキビ洗顔料の使い方を比べてつるつる美肌になる為の7つの方法

ニキビ洗顔料の使い方を比べてつるつる美肌になる為の7つの方法

ニキビと聞くだけでぞっとしますが、ニキビをできないように防止することや、
もしできてしまった場合そのニキビを悪化させないために工夫したいのがニキビ洗顔料を使った洗顔ですね。
そこでここではニキビ洗顔料の上手な使い方でつるつる美肌になる為の方法をいくつかご紹介します。

ニキビ洗顔料は、普通の洗顔料と比べ皮脂のコントロールができたり、炎症を抑える作用があったり、
少し刺激があるものが多いです。しかし、その特徴を理解し上手に利用することで美肌をゲットすることができます。
素肌が整うとメイクのノリも断然変わってきます。早速実践しましょう!!

スポンサーリンク

 

その1:洗顔回数

ニキビができてしまうと、肌に細菌がいるのではないか、皮脂が多すぎているのではないかと洗顔を頑張る人が多いと思います。
適度な回数で丁寧な洗顔はとても大事なことですが。洗顔料を使いすぎたり洗顔し過ぎたりすることは逆効果の場合もあります。
1日に何度も繰り返し洗顔することで肌に必要な皮脂まで落としてしまうと、乾燥し、毛穴が開き、より細菌が入りやすくなり悪循環です。

 
洗顔は朝・晩の2回が基本です。昼間皮脂が気になる場合は、化粧水を含ませたコットンで少し抑えることをお勧めします。

その2:泡

ニキビ洗顔のみならず、通常の洗顔でもポイントになるのがです。
しっかりツノが立つくらいの泡で優しく洗顔しましょう。直接肌に手が触れないほどの泡で洗顔することがお勧めです。

 

肌に指が触れるくらいの少量の泡で洗顔すると指で肌を傷つける可能性があり、ニキビができている肌にはよちダメージになってしまいます。
ニキビ洗顔料も泡がたちやすくなっていますが、泡立てネットなどを利用するのも良いですね。

その3:洗顔する時間

モコモコの泡で洗顔をするとマッサージ効果と同じような効果があり気持ちが良かったり、

汚れを落としたくてついつい長い時間洗顔を続けたくなりますが、長い時間の洗顔はかえって肌に負担をかけてしまいます。
特にニキビ洗顔料は殺菌成分など肌に刺激があるものも含まれているので要注意です!

 
泡立てたニキビ洗顔料を肌全体にのせてから30秒~1分以内に済ませましょう。

その4:洗う順番

モコモコの泡で優しく洗顔すれば肌に良いというわけではありません。一概に顔と言っても皮膚の厚さが場所によって異なります。
ニキビができやすい額や鼻はしっかり洗顔したい場所ですが、目元やくちびるは他の場所に比べて皮膚が薄くデリケートな場所です。

 

 

理想的な洗顔の順番は、Tゾーン→ほお→目元・くちびるです。

 

生え際や小鼻など皮脂の溜まりやすいところはしっかり、
目元やくちびるなどデリケートな所はソフトタッチで優しく洗顔しましょう。

その5:ニキビ洗顔料を使う前に

まず手の汚れを落とし、次に顔の汚れを落とします。手や顔についた小さなゴミやほこりは肌を傷つける原因になるのでしっかり落としてから洗顔しましょう。

 
また、ぬるま湯ですすぎ洗いをしてから洗顔することで、毛穴が開き中の汚れや皮脂を洗顔で落としやすくなります。
他にも水やお湯を溜めるボールなや泡立てネットなど、洗顔に使いう道具なども清潔にしておきましょう。

その6:最後は冷水でしめる

 

ぬるま湯ですすぎ洗いの後、ニキビ洗顔料を泡立て優しく顔全体を洗顔したら、再度ぬるま湯ですすぎ、
ニキビ洗顔料をきちんと落としたら最後に冷水ですすぎましょう。

 

毛穴がキュっと締まり、汚れが入らないほか顔のたるみ防止にもなります。
ここで注意したいのが洗顔後はきちんとニキビ洗顔料を落としきることです。肌に残ると最近のえさになりニキビが悪化する原因になります。

その7:朝と夜の洗顔の違い

朝は寝ている間に出た皮脂を綺麗に落とす為に、必ずぬるま湯と冷水の両方を使って洗顔しましょう。
夜はお風呂で行う洗顔で十分です。必要な皮脂まで落としてしまうので、あえて寝る前にもう一度洗顔する必要はありません。

 

ここで注意したいのが、ヘアトリートメントなどをお風呂からあがる直前に洗い流す場合、さらにその最後にぬるま湯ですすぎ冷水でしめましょう。

 

顔のニキビだけでなく体にできる他のニキビにも言えることですが、トリートメントなどが肌に残ることが原因でニキビができてしまう可能性も高いです。
また、今あるニキビにも悪影響なので最後にもう一度すすぎ洗いをしましょう。
いかがだったでしょうか?
洗顔って何気なく自分流に行っている場合が多いと思いますが、細かく見てみると少しずつ間違った事をしている場合もあるかもしれません。特にニキビ洗顔料を使った洗顔は、肌へ刺激がある可能性もあるので注意しましょう。今あるニキビを悪化させないためにも、またニキビ知らずのつるつる美肌になる為にも、これを機会に自分の洗顔方法を見直して正しい洗顔方法で素肌美人を目指しましょう!

まとめ


その1:洗顔回数
その2:泡
その3:洗顔する時間
その4:洗う順番
その5:ニキビ洗顔料を使う前に
その6:最後は冷水でしめる
その7:朝と夜の洗顔の違い

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

ニキビ 美肌 美肌のスキンケア ニキビ 顔のニキビ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: