美肌 スキンケア

美マイル

美顔鍼にまさる!誰でもできる4つの美顔ツボマッサージとケア方法

美顔鍼にまさる!誰でもできる美顔マッサージとケア方法

 

 

 

人間の体は、もともと病気を治す力〔自然治癒力〕があり、この力がいつも正しく機能していれば、
病気にかかったとしても、自然に治っていくという素晴らしい能力が備わっています。

 

 

 

美顔鍼は、顔にあるツボに鍼を刺すことで、内臓や神経、筋肉の働きを整え、たるみやくすみなど、さまざまな肌の悩みに働きかけ、
普段のお手入れや器具などでは届かない、顔の肌細胞や筋肉へ直接刺激して、凝り固まっている表情筋を柔軟になります。
また、目に見えない細かな傷がつくことで、修復作用が働き、その家庭でコラーゲンが生成されて、お肌に弾力が出てきます。
免疫系がアップして、リンパの流れや血流が良くなることで、むくみが取れてお肌のツヤやハリが戻ります。

 

 

 

美顔鍼で刺激される顔のツボを1か所10~15秒押すだけ。美顔鍼の効果に
朝晩のスキンケアの前後や、仕事や家事の合間などに指の腹や綿棒を使って、誰でもできる美顔マッサージとケアの方法をご紹介します。
注意する点は、爪を立てないこと。押して痛気持ちいいくらいの刺激があれば、ツボを正しく刺激できています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1.廉泉(れんせん)上廉泉(かみれんせん)


首をスッキリさせて、2重あご解消に効果があるツボ。

顎の真下のちょっとへこんだ部分にあります。消化器系や循環器系に働きかけます。

【ツボ押しの仕方】

1.顎を上げて首の筋を伸ばして力を抜き、親指の腹を上廉泉に当てて垂直に押します。

「押してはゆるめる」刺激を数回繰り返します。

思い出した時に、頬杖をつきながら上廉泉を刺激してみるのも効果が期待できます。

2.親指を上廉泉に当て、2.の頬車に人指し指を当て、親指を下から上に擦り上げ

「あ・い・う・え・お」と発音すると、小顔作りに効果が期待できます。

 

 

2.頬車(きょうしゃ)

 

 
耳の下、フェイスラインの1cm内側のへこんだ部分にあるツボ。左右下あごの角で、歯を食いしばったときに盛り上がる場所。
首のぜい肉を取り除く効果があり、押してみると、顎の内側に響くような痛みを感じる場所です。消化器系や循環器系に働きかけます。

 

 

【ツボ押しの仕方】
1.ツボの部分に、両方の人指し指を肌に垂直に当て、爪を立てないように刺激します。

 

 

3.顴髎(かんりょう)


顴髎は、左右の目尻から下がった頬骨のすぐ下に位置し、頬骨の下縁のくぼんだ部分にあるツボ。
頬の筋肉を支える土台であり、たるみを予防します。顔全体のむくみをとるのに効果的です。

痛みの強い場所ですが、このツボ周辺の筋肉をほぐすと、頬の高さのアンバランスを矯正しやすくなり、口の開閉がスムーズになります。

【ツボ押しの仕方】
1.親指と人差し指の腹を両方の頬車にあてながら、もう一方の手の親指と人差し指の腹を顴髎にあてます。
5~10回程度、互いに反対の方向に頬車と顴髎をゆっくりと押し揉みます。(逆方向にも刺激します)。

 

 

4.太陽(たいよう)

目尻と眉尻の間から、親指1本分後ろにあります。側頭部全体の筋肉を刺激し、血流を促進するツボ。

しわ、シミ、にきびの改善に効果が期待できます。
血行を促し、筋肉に弾力を取り戻します。くまやくすみ、たるみの予防と改善に効果的です。

【ツボ押しの仕方】
1.ツボの部分に、両方の人指し指を肌に垂直に当て、爪を立てないように刺激します。

 

 

 

いかがでしたか?

顔にあるツボの位置を覚えて刺激してあげるだけで小顔効果や美肌効果が手に入ります!

バスタイムやTVを見ながら気になった時に刺激してあげてください。

 

スポンサーリンク

 

タグ : 

おすすめ エクササイズ マッサージ エクササイズ 小顔   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: