アロママッサージ

美マイル

アロママッサージケアから自作化粧品の知っておきたい5つの秘訣

アロママッサージケアから自作化粧品の知っておきたい5つの秘訣

 

 

アロマオイルの成分と効能を利用し、疲れた身体と心に自然の力で療しを与えるアロマテラピー。中でも、アロママッサージは心地よい香りとやさしい効果で、手軽に取り入れやすく、身体のあらゆる部分に施せるマッサージ方法として自宅でも簡単にできるので人気。

マッサージ用オイルやジェルなど、市販のアロマコスメも販売されていますが、自分のお悩みに合わせたオリジナルコスメでマッサージを行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

①    アロママッサージの効果

精油の身体にもたらす効果は、身体につけたときの直接的効果はもちろんのこと、その芳香により労なリラックスし精神的に効果を得られることが一番の特徴です。

アロママッサージは、特別な知識がなくても自宅でも簡単にできる初心者にもオススメのマッサージ方法。人の身体は少し触れてあげるだけでも反応してくれるので、少し疲れたなと感じた時や、最近乾燥気味だなと感じた時は、やさしいブレンドのアロマオイルで軽くなでるようにマッサージをすれば、すぐに効果を得られます。

 

②    マッサージオイルの注意点とオススメ精油

アロマテラピーに使用される精油は、植物の成分を凝縮して精製したものなので大変濃度が高く、直接肌に付けるとトラブルが起きる場合も。マッサージオイルを作るときには、マッサージオイルの元となる稀釈用のキャリアオイルを使用し、精油の割合を1%以下になるように希釈します。オイル50mlに対し精油10滴という簡単な割合なので、難しく考えずにチャレンジしてみましょう。

身体に使用する場合は、肌にやさしい刺激の少ない精油を使用します。特に女性にオススメな精油は、リラックス効果や乾燥を防いでくれるラベンダー、女性ホルモンの乱れによる不調を緩和してくれるゼラニウム、ダイエット効果のあるグレープフルーツ、むくみに効果的なジュニパーなどは、初心者でも取り入れやすい精油です。

 

③    フェイシャルにも取り入れましょう

アロママッサージというと、手や足などボディのマッサージが一般的ですが、フェイシャルマッサージとしてもぜひ取り入れてほしいと思います。ボディよりデリケートなフェイシャルマッサージの場合は、精油の稀釈を0.5%くらいを目安にして様子を見るといいでしょう。

マッサージを行うタイミングは、洗顔後の何もつけていないお肌や化粧水の後が良いでしょう。マッサージ後は洗い流さず、軽くオイルを拭きとって普段通りのスキンケアを行えば、オイルの効果で化粧水が浸透しやすくなり、モチモチのお肌を実感できます。

 

④    オリジナルマッサージオイルレシピ

オリジナルオイルを作るときには、マッサージオイルの基礎となるキャリアオイルに精油をブレンドします。キャリアオイルは、種類によって効果も変わってきますので、自分の肌質や、ホルモンバランスによるお肌の調子に合わせて、別に自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

乾燥肌・・・アーモンドオイル、ホホバオイル

脂性肌・・・グレープシードオイル

敏感肌・・・アプリコットオイル、アボガドオイル

 

⑤    精油をうたったアロマオイルに注意!

さらに、最近では「アロマオイル」と偽って、純粋な精油ではないものが多く販売されています。これらはいわゆる芳香剤のような人口の成分が含まれているものも多く、身体に害を及ぼす可能性が非常に高い危険性があります。精油を購入するときは100%の天然成分のものを購入するように注意しましょう。

 

まとめ

 

①    アロママッサージの効果

②    マッサージオイルの注意点とオススメ精油

③    フェイシャルにも取り入れましょう

④    オリジナルマッサージオイルレシピ

⑤    精油をうたったアロマオイルに注意!

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

おすすめ エクササイズ マッサージ 美肌 美肌 美肌のスキンケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: