美肌 スキンケア

美マイル

玄米は低カロリーで美容効果も抜群!知っておきたい8つのコト

1

 

 

美肌作りに気を使っている人ほど、玄米食を習慣化しています。

玄米には、様々な美容に欠かせないビタミン類や鉄分、ミネラルや食物線維などの栄養素が詰まっているのをご存知ですか?
白米を玄米に変えるだけでも、肌が喜ぶ栄養素がたっぷり摂れるのです。
今回は、低カロリーで満腹感がある玄米の知って損はない8つのコトをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク


1. 老化促進を遅らせるビタミンE

 

玄米には、老化促進を遅らせる働きをするビタミンEがたっぷりと入っています。
ビタミンEは別名“若返りビタミン”とも呼ばる最強のアンチエイジング成分です。
体全体の老化を防いだり、血液循環を良くするため、代謝のよい肌と体を作るのに役立ちます。

 

 

2. おなかの中をキレイにする食物線維

 

おなかの中のお掃除に大活躍する食物線維
玄米には白米の9倍もの食物線維が含まれているので、便秘解消にとても役立ちます。
腸内をキレイな状態に維持すると、体のめぐりが良くなるので、気になる肌トラブルや、体のダルさ、コリなどを同時に解決することができます。

 

3. 添加物や有害物質をデトックス!フィチン酸

 

添加物や有害物質は、なかなか体の外へ排出されずらく、体に溜まってしまう傾向があります。
長い間、添加物や有害物質が体の中にあると、栄養の吸収を妨げたり、免疫力が低下したりするなど、病気を引き起こす原因に繋がってしまいます。
玄米にはこれらの要らない物質を、しっかりと排出しようと働くフィチン酸という物質が含まれているので、

“溜めない”生活を手にすることができます。

 

4. 心がリラックスしてストレスフリーにするGABA!

 

GABAは、脳に多く存在しているアミノ酸の一種で、ストレスを抑制する働きをする、現代人の味方といえる物質です。
なんと、玄米はこのGABAを白米の10倍もの量を含んでいるのです。

 
GABAは脳の血行を良くして、脳細胞を活性化したり、イライラや精神の不安を抑制する働きをするので、ストレスフリーの毎日を過ごせるようになります!

 

 

 

5.良く噛むことで、ダイエット成功♪

 

玄米は、消化するのが難しい食材のため、良く噛む必要があります。
口に入れて最低でも30回は噛むようにしましょう。

 

 

良く噛むようになると、満腹中枢が働き、少量でも満腹感がでるようになるので、ダイエット成功を簡単に目指すことができます。
さらに、顎周りや、表情筋を鍛えることにも繋がるので、すっきりとしたハリのある顔を手に入れることができます。

 

 

6.低カロリーで、しかもGI値が低いから太りにくい!

GI値という言葉をご存知ですか?
GI値とは、血糖値を上げる度合いの目安になるものです。

 

 

血糖値が急激に上がる食べ物を食べると、大量のインスリンが分泌され、糖分を早いスピートで細胞に送りだします。そのため、数時間たつとすぐに空腹感が出るという悪循環を作りだしてしまうのです。

 

 

玄米のカロリーは白米とほぼ同じくらいですが、玄米はこのGI値が、白米よりも大幅に低いのです。
ですので、白米を玄米に変えるだけで、太りづらく痩せやすい体になりますよ。

 

 

 

7.玄米の上手な炊き方とは?

 

なかなか玄米が美味しく炊けないという方のために、自宅で手軽に美味しい玄米が炊ける方法をご紹介します。

① 洗う…白米の場合はよく研ぐ必要がありますが、玄米は表面に付いたホコリなどを取る程度でよいので2度ほど水洗いしましょう。

 
② 水に浸す…水に浸すことで、芯のないふっくらとした玄米が炊けます。浸す時間は暖かい季節で2時間以上、寒い季節だと6時間以上浸します。
夜寝る前に炊飯器についているタイマー機能を利用すると、翌朝には美味しい玄米が炊けていますよ!

 
③ 炊く…最近の炊飯器には“玄米用”のメモリがついていますので、そのメモリまで水を入れます。その際に、お塩をひとつまみ入れることで、中までしっかりと火が通ります。

 

 

 

 

8.体が喜ぶ玄米の選び方♪

玄米は、籾殻だけを取り除いたお米なので、糠や胚芽などの栄養をしっかりと摂ることができます。ですが、ここで気になるのが、農薬。
白米の場合は、籾殻、糠、胚芽などをキレイに取り去っているので、農薬がかかっている部分をある程度は取り除くことができますが、玄米の場合は、栽培時に使われた農薬がほとんど残ってしまっていることも多いのです。

 

 

玄米を選ぶ時には、できるだけ無農薬のものを選ぶことが、体や美容のためにはとても大切です。

 

 

 

まとめ

 

1. 老化促進を遅らせるビタミンE
2. おなかの中をキレイにする食物線維
3. 添加物や有害物質をデトックス!フィチン酸
4. 心がリラックスしてストレスフリーにするGABA!
5. 良く噛むことで、ダイエット成功♪
6. 低カロリーで、しかもGI値が低いから太りにくい!
7. 玄米の上手な炊き方とは?
8. 体が喜ぶ玄米の選び方♪

 

白米を玄米に変えることで、美容効果たっぷりの栄養素を毎日摂ることができます。
まずは、週に1~2度の玄米食から始めてみませんか?

 

タグ :  

デトックス 美肌 美肌の食べ物 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: