美肌 スキンケア

美マイル

見落としてない?肌のお手入れボディ編~5つの方法

見落としてない?肌のお手入れボディ編~5つの方法

 

乾燥やトラブルが気になるこの季節、顔のお手入れは念入りにしているけどボディのお手入れはおろそかになりがちな人はいませんか?
乾燥によるトラブルが気になるこの季節は、とにもかくにもまずはフェイスケアを!となりがちですが、普段スキンケアで保護しているお顔よりも無防備になりがちなボディのケアは、案外見逃しているポイントです。
ボディの乾燥対策は、普段の生活の中でも少し注意するだけでずいぶん防ぐことができるもの。乾燥に負けないボディのお手入れ方法を5つご紹介します。

スポンサーリンク

① ボディオイルでバリア機能を活性化


乾燥が気になるこの季節のお手入れにはボディクリームが必須。でも、毎日お手入れをしているけれどイマイチ潤いを感じられないという人は、この機会にオイルを使ってみませんか?
クリームよりも効果的とされるオイルの一番の強みは、伸びの良さです。少量でお肌の角質層の奥やお肌のすみずみまで広がり、潤いの膜でお肌をしっかり保護してくれる役割をもつオイルは、クリームでは物足りなかった乾燥ボディをやさしく守ってくれます。

② ボディソープよりも石けんで洗いましょう


ボディソープの成分の中で、油分と水分を混ぜ合わせるための乳化剤として石油から精製した界面活性剤が配合されています。

この界面活性剤の力は、お肌に必要な油分を根こそぎ落としてしまうので、ボディが乾燥する大きな原因となってしまいます。
一方、お肌にやさしい自然由来の成分で作られている石けんは、乳化剤が必要ないので乾燥肌の強い味方。ボディの乾燥で悩んでいるなら、ぜひ石けんを使用してみてください。

③ お風呂の温度は42度以下


お肌表面に存在する潤い成分「セラミド」は、42度以上になると溶けて流れ出てしまう性質があります。

寒い季節はついつい温かいお風呂に入りたくなりますが、あまり熱い温度のお湯にしてしまうと、大切な潤い成分が溶け出てしまい乾燥を招いてしまいます。
湯船に浸かるのであれば少しぬるめのお湯にするように注意し、シャワーの温度にも気をつけてみてください。

④ 日本人の「洗いすぎ」に注意?!


日本人は洗いすぎだという統計結果が、学術的に証明されています。
人のお肌には、お肌に必要な皮脂や様々な潤い成分が存在していますが、洗浄成分の高い洗浄料でごしごし洗いが身についている日本人は、過剰にボディを洗って大切な皮脂を取り去ってしまっています

洗いすぎによって皮脂膜や角質層を傷めると、乾燥肌や乾燥性敏感肌の引き金となってしまいますので、くれぐれも注意が必要です。
冬のお肌は、湿度が低いので汚れも付きにくくあまり汗もかいていないので、洗浄料で洗うのは週に数回とし、洗浄料を使用しない日を作って潤いを守ってあげるてはいかがでしょうか。

⑤ 日常生活の環境にも注意!


ボディの乾燥は、日常生活の“湿度”にとても影響されます。
よく湿度ばかりを気にしている人がいますが、冬の寒い季節に湿度を上げれば、結露によってカビが生じてしまいお肌にとってはもっと良くない環境に。

また、お手入れのしていないエアコンや加湿器なども、カビの発生を招いてしまいお肌にはよくありません。
お肌に最適な湿度は40%~50%。暖房器具で室温を上げると同時に、清潔に保った加湿器などで適度な湿度を保てるように、室温と湿度のバランスをとることが大切です。

 

いかがでしたか?
お肌にかゆみを引き起こしたりお肌のキメが乱れる原因となるボディの乾燥は、潤い美肌を目指す女子の天敵です。いつでもキメの細かいツルツルのお肌でいるには、この冬の季節にしっかりとしたケアを行っておくことが大切
少しの工夫で、普段の生活に取り入れることができる簡単なお手入れ方法を実践し、いつもツルツルの美肌ボディを保ちましょう。

スポンサーリンク

 

タグ :  

美肌 美肌のスキンケア 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: