便秘 原因

美マイル

便秘の原因を解消してニキビ知らずのモテ肌美人になる7つの方法

便秘の原因を解消してニキビ知らずのモテ肌美人になる7つの方法

腸の動きが鈍くなることが原因で起こる便秘は、ニキビをはじめとする肌荒れに繋がってしまいます

排便が正常に行われずに腸に便が留まっている状態が続くと、毒素を分解する働きを持つ肝臓に負担がかかることが原因です。

美肌を目指す方のために、腸がきちんと働かなくなってしまう原因と、それを解消するための方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

・食物繊維を採る

偏食や食事制限を続けていると、便を柔らかくする働きを持つ食物繊維が不足してしまうことがあります。

食物繊維が足りないと全体的に便が硬くなってしまい、腸内をスムーズに流れることができなくなってしまうのです。

果物やキノコ類、豆類が特に食物繊維を豊富に含みます。

ただし食物繊維といってもその種類は様々にあるので、色々な食物から摂取するようにしましょう。

 

 

・水分を補給する

水分不足が慢性化してしまい、便秘の原因となるケースもあります。

便は水分を含み柔らかくなった状態で腸内を移動します。

水分が足りず硬い便はなかなか腸を進むことができずに溜まってしまい、便秘となるのです。

喉が渇いていなくても定期的に水やお茶を飲む習慣を身に付けてみてください。

また、便意を感じにくかったり不規則である場合は寝起きに水を飲むようにすると腸が活性化されてリズムが付きます。

 

 

・生活習慣を整える

便秘知らずで毎日快便だという人は、実は毎日同じ時間に便意を感じているものです。

それは長い期間をかけて整えられたリズムであり、また身体は自然とそのリズムを身につけるようにできています。

しかし不規則な生活を続けていると、徐々に排便リズムが崩れてしまいます

崩れてしまったリズムを整えるためには毎日の睡眠を同じ時間に取るようにし、同じ時間に排便をすることが一番です。

できれば朝起きて朝食を採る前のタイミングがベストです。

はじめは便が出ないことの方が多いかもしれませんが、根気強く続けることが大切になります。

 

 

・腸を動かすための筋肉をつける

腸はぜんどう運動と呼ばれる動きで便を排出するものなのですが、このぜんどう運動を行うための筋力が低下して便秘を引き起こすことがあります

特に女性や高齢者に多い便秘の原因として知られています。

また、産後は筋力の低下が著しく腸の働きを弱めやすいものです。

実際に腸の働きを行う筋肉を鍛えるためには、腹筋が一番良いとされています。

筋肉を付けるための運動にもなりますし、腹筋自体が腸へ刺激を与えぜんどう運動を活発化させます。

 

 

・キシリトールガムを噛む

キシリトールを含むガムを一度に大量に噛むとお腹が緩くなると言われています。

逆に、便秘の人がキシリトールガムを噛んでいると便意を促すという場合もあります。

これは人口の成分であるキシリトールが胃や腸で分解、吸収されずに大腸までたどり着き刺激を与えることが原因です。

言ってみれば異物に大腸を反応させて動きを促進させるのです。

便秘薬を飲むよりも手軽でコストも低いことから、実践する人も多い方法です。

しかし実際は便秘薬と同じく続けていくうちに腸が慣れてしまい効果が表れにくくなったり、過剰摂取により体調不良を引き起こしてしまう場合もあります。

便秘の原因を根本的に解決するわけでもありませんから、あまり常用するべき方法ではないでしょう。

 

 

・ストレスの解消を行う

便秘だけでなく様々な症状を引き起こす自律神経の乱れですが、その原因は溜まりすぎたストレスです。

自律神経を整えるためには一日の中にリラックスできる時間を設けるようにします。

好きなことや趣味にゆっくり打ち込む時間でも良いですし、ストレッチやヨガ、瞑想などのリラックス効果の高い活動もお勧めです。

また、可能であればストレスの元から遠ざかる対応も行いましょう。

内臓がストレスにより疲弊している状態ですので、他の様々な便秘解消法は刺激となり逆効果です。

 

 

・病院を受診する

色々な方法を試しても便秘が改善されない場合は、排便のための器官に異常があることが原因である可能性もあります。

生まれつきの形状が、便を排出しにくいものである場合は自力での改善は難しいものです。

また、急に便の回数が減ったり、いつもと違う便が出る、排便に痛みを伴うなどの場合も病院の受診が適切です。

腫瘍や炎症が原因となり便の通りが悪くなっていることが原因かもしれないためです。

 

 

 

いかがでしたか?

色々な方法を紹介しましたが、便秘の原因によって効果的なものとそうでないものがあります。

便秘の原因には4つの種類があると言われていますので、自分に合う方法を見つけて試してみてくださいね。

また、どの方法も試したからといってすぐに効果が出るものではありませんから、継続することもがとても大切ですよ。

スポンサーリンク

 

タグ :  

ニキビ 体質改善 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: