乾燥肌 ファンデーション

美マイル

乾燥肌が艶肌になる下地とファンデーションの塗り方と選び方

乾燥肌が艶肌になる下地とファンデーションの塗り方と選び方

 

 

 

夏の肌は冬に比べて潤っていると思っている人が多いですが、実は冬の乾燥肌よりも怖い「インナードライ」という乾燥肌になっているのです。

潤っていると思っているのは汗と皮脂であって、肌の奥は水分が全く足りない状態になっています。

 

 

 

紫外線はとくに、肌にダメージを与え、エアコンや扇風機の風はどんどん肌の水分を奪います。

正しい知識があれば、乾燥肌でもツヤツヤなお肌になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

1・乾燥肌ってなに?

 

 

肌は毎日新しく入れ替わっています。一番外側で私たちが触れる部分は角質と呼ばれ、外部から守るために働き、自然に剥がれ落ち入れ替わるメカニズムになっています。

このターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずに溜まってしまいます。

 

 

 

細胞が隙間なく並んでいる部分があると思えば、肌の表面がスカスカになっている部分もあるという肌のバランスが壊れた状態になります。

この状態は肌が乾燥しているという状態です。肌のスカスカな状態はバリアが壊れてしまっています。

バリアが崩れると、少ない皮脂でも毛穴は詰まりやすく、乾燥ニキビもできやすい事になります。

 

 

 

睡眠不足やエアコン、扇風機の風、ストレスで、私たちの肌は乾燥しやすい状況下におかれています。

自分の肌の状態をよく観察し、状態にあったスキンケアメイク心掛ける事が美肌への近道ですね。

 

 

 

 

2・乾燥肌の人のスキンケア

 

 

 

女優さんやモデルさんのお肌は見ている人をうっとりとさせるほど美しいですね。それは、メイクの時間よりもスキンケアにたっぷりと時間をかけ、美肌を作る手間をかけているからです。

メイクをより美しく見せるために必要なのは、まず1番はスキンケアと思ってください。

乾燥した肌に乗っている酸化した皮脂は、化粧崩れの原因となります。

 

 

 

朝は石鹸や洗顔料で軽く洗顔して下さい。温度は低めで、乾燥するのでお湯での洗顔はやめて下さい。

 

 

 

洗顔後は化粧水→美容液→乳液→クリームでミルフィーユのように塗り重ねて下さい。

 

 

 

時間があるのならば、メイク前にローションパックを行うのもいいと思います。

3分間化粧水を肌に置いておくと、肌の一番したの部分まで潤いが届くと言われています。ツヤツヤ肌への近道です。

そして、下地の前に、美容オイルを少し目の下など、乾燥しやすい場所に塗ってみて下さい。化粧崩れが起こりにくくなるので、オススメです。

 

 

 

 

3・乾燥肌の人が注目する下地効果

 

 

 

化粧下地はファンデーションを繋ぎ止める密着効果、整える整地効果、化粧ノリをキープする保護効果の3つを目的としています。

もしも、スキンケア後にファンデーションを直接使用していたら、化粧下地をつかうようにしましょう。

ベースがあるとないとでは化粧の美しさをキープできる時間が全く違いますよ。

 

 

 

下地には無色や肌色のものから、肌色をコントロールしてくれるものまで実に様々です。

乾燥肌の人は赤みが出やすいのでグリーンやブルー系で肌の色を整え、くすみがちの人はパープルやブルーがオススメです。

 

 

 

そして、保湿成分が含まれている物を選び、UV効果もチェックしましょう。

化粧下地を塗る場合にムラがあると化粧崩れの原因になるので、うすく丁寧に伸ばします。

スキンエアから、下地にかけて、じっくり行えば化粧崩れを恐れて、頻繁にチェックする事を行わなくてよくなります。

 

 

 

 

4・乾燥肌の人のファンデーションの選び方

 

 

 

肌のタイプが様々あるように、ファンデーションも様々なタイプがあります。

パウダータイプ、リキッドタイプ、ステックタイプ、BBタイプなどメーカにより呼び名が違ったり、水性か油性かでまた違います。

 

 

 

自分に合ったファンデーションを選ぶ事、ライフタイルにしっくりくる事が一番です。

乾燥肌だから、このファンデでなければならないという事はありません。スキンケアと下地がしっかりとしていれば、大丈夫なのです。

しいてあげるのであれば、保湿成分が入っている物、例えば、コラーゲン、セラミド、スクワランなどが入っていると理想的ですね。

 

 

 

 

5・乾燥肌の人のファンデーションの使い方

 

 

 

乾燥肌の人のファンデの使い方のポイントは「のばす」でなく「叩き込む」事にあります。

指で額、頬、鼻筋、あごにのせたあと、スポンジを使って中心から外側に広げます。

化粧水をコットンで肌に叩き込むイメージで行うといいでしょう。

 

 

 

使っているスポンジは清潔な物を使いましょう。雑菌が繁殖しやすいので、こまめに洗う事をオススメします。

ニキビの原因にもなりますよ。たまに、スポンジがコロッケのような人がいます。

菌を培養しているようなものです。きちんとスポンジやメイク用品がキレイに使われている人は美意識の高さをうかがいしる事が出来ますね。

 

 

もしかしたら、肌のきれいな人のメイク道具はとてもキレイなのかもしれません。

メイク道具のお手入れもしっかりしましょう。

 

 

 

 

6・紫外線対策は必須!!

 

 

 

乾燥肌はバリア機能が失われた状態でした。そのバリア機能の要は水分であり、潤いです。

潤い不足になった肌のキメは乱れて、ゴワゴワした肌になり、粉をふいた状態になったりします。

 

 

 

さらに、紫外線が内部に入りやすくなっています。乾燥は進み、炎症も引き起こし、それがニキビを悪化させ、シミ、シワ、たるみに至るまで様々な要因となってしまうのです。

 

乾燥肌で、顔にベタベタ塗る事を敬遠しがちになってしまいますが、紫外線による乾燥を防ぐためにも日焼け止めはなくてはならないという事です。

何層も塗る事が嫌ならば、UVケアの下地やファンデーションで対策しましょう。

 

 

 

 

7・「インナードライ」対策

 

 

 

冬のパサパサな肌に比べて、夏の肌は一見皮脂や汗のおかげで潤って見えます。

しかし、その皮脂は中の水分を逃さないように出しているだけです。テカリが多いほど肌の中身はカラカラなわけです。

皮脂は多いものだから過剰にふき取ってしまいます。

 

 

そして、潤っていると勘違いして、保湿ケアを怠ってしまうと乾燥は進みます。化粧ノリが悪く、崩れやすいのはインナードライ肌のせいかもしれませんね。

夏は汗をきちんと拭きとり、毛穴に汚れが入りやすくなる原因を防ぎましょう。

そして、スキンケアをしっかり行いUVケアをしっかりする事が夏のお肌にとても大切なのです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

1.乾燥肌ってなに?

 

2.乾燥肌の人のスキンケア

 

3.乾燥肌の人が注目する下地効果

 

4.乾燥肌の人のファンデーションの選び方

 

5.乾燥肌の人のファンデーションの使い方

 

6.紫外線対策は必須!!

 

7.「インナードライ」対策

 

 

 

 

 

乾燥肌の仕組みを知ると、自分のスキンケアの間違いや、下地の大切さがよくわかりました。

ケアを行うか否かでこの先5年後、10年後のシワやシミ対策が出来ます。

いつまでも若々しくいたいのであれば、キチンとUVケアを行いまししょう。

美意識の年齢制限はありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :  

美肌 乾燥肌 美白 紫外線 美肌 美肌のスキンケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: