美肌 スキンケア

美マイル

乾燥肌にお勧めの7つのオイルとクリームで乗り切る乾燥季節

乾燥肌にお勧めの7つのオイルとクリームで乗り切る乾燥季節

 

皆さん、こんにちは。
寒いこの時期、乾燥に悩まされる方も多いのではないでしょうか?
今日、化粧品コーナーでは女性用の化粧品だけではなく男性用のものも目立ちますよね。
男女問わず悩んでらっしゃる方が多いという証拠でしょう。
今日はそんな皆さんにぜひ使っていただきたい乾燥対策用のオイルやクリームをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

①お勧めオイル1「ホホバオイル」


オイルって使いにくさを感じている人も多いんじゃないでしょうか?まず、今日はオイルの効能からお話していきたいと思います。

*傷やかぶれなどの炎症を抑える効果
*保湿して肌を整える効果
*血行を促進し肌の代謝を高める効果

また、オイルでも純正のオイルは他に何もブレンドされていませんからアトピーなど肌が弱い方も安心して使える優れものなのです。

ここでお勧めしたいのが万能オイルといわれる「ホホバオイル」です。
このホホバオイルは医療機関などで火傷治療やアトピー治療にも応用されており安全性と効果はすでに立証されています。

また世界中のエステサロンでも使われています。
天然のホホバオイルは豊富なビタミンEを含んでおり、抗酸化作用があります。

②お勧めオイル2「オリーブオイル」


食用としても非常に人気が高いオイルですが、実は匂いが馴染めない、べたつきが気になる・・

などの理由で使いにくいという声が多いのも事実です。
しかしながらオリーブオイルの成分は母乳に含まれている脂肪や体脂に近いため、肌に安全で毛穴の汚れを落としてくれる効果もあるので非常に優れたオイルなのです。

③お勧めオイル3「スクワラン」


オイルというよりは「深海ザメの肝臓から抽出されたエキス」という説明が正解かもしれません。
スクワランには、オイルに常につきまとう「酸化」がほとんどなく、紫外線、熱、空気の影響を受けにくく、安全性が高いすばらしいオイルなんです。敏感肌やアトピーの方にもお勧めしたいですね。スクワランは保湿用の化粧品として使われることはもちろんですが、髪のパサつきにも効果がありヘアケア用品としても広く愛用されています。

さて、次はオイルを使うことにちょっと抵抗があるという方に向けて、クリームを使用する際に含まれているお勧めの成分をいくつかご紹介します。様々な美容クリームが売られていて、どれがいいかわからないという方も多いはずです。これからご紹介する成分は乾燥肌には非常にお勧めしたい成分ですからこういった成分が入っているクリームを選ぶとよいでしょう。
化粧品選びのヒントにしてみて下さい。

④お勧めクリーム成分「はちみつ」


豊富なビタミンアミノミネラルが豊富に含まれています。はちみつって時間が経っても腐ったりしませんよね?

それだけ強い殺菌力や抗酸化作用があります。乾燥でかさかさになったお肌や唇に使うのもよし、また傷口に塗ったりして医療品の役割を果たしたりもします。
はちみつは、先ほどお伝えした高い保湿力以外に肌の回復力をアップさせたたり、ターンオーバーを正常化する機能もあります。

⑤お勧めクリーム成分「日本酒」


日々の生活に馴染みがあるものですよね。飲むのが好きな方も多いはずです。
お酒を飲むと顔が赤くなり、体が熱くなります。これは体内の血行がよくなり体の隅々に栄養成分をいきわたらせる事ができます。

いわば、肌のターンオーバーを促す効果につながるのです。
ただし、日本酒にはアルコール成分が多く含まれていますので乾燥肌対策に使う際に洗顔後、

日本酒で軽くパックした後すすぎ、いつものスキンケアを行うといいでしょう。

⑥お勧めクリーム成分「豆乳」


聞き慣れていて非常になじみがありますよね。豆乳には美肌に欠かせない成分が多く含まれています。
先述したビタミンやミネラル、大豆イソフラボンです。
豆乳で注目したいのが大豆イソフラボンですね。

これには様々な肌トラブル(くすみやしわ、しみ、小じわ)を未然に防ぐほか、コラーゲン合成を活発にする作用も含まれています。

豆乳成分配合の化粧品は数多く販売されているので、一度試してみるのもいいですよね。

⑦お勧めクリーム成分「米ぬか」


米ぬかは様々な有効成分が含まれています。食物繊維が豊富なので便秘に効果があり肥満解消、高血圧・血糖値の改善にも効果があります。

また米ぬかには体内を健康にする効果と同時に美肌効果も気体ができます。

ビタミン成分が非常に多く含まれているため(ビタミンB1、B2、E)しみを薄くしたり老化を防いでくれます。

同時に保湿効果もありますから乾燥で悩んでいる方にはぜひ使っていただきたい成分ですね。
最近はこの米ぬかの成分が含まれた化粧品が多く販売されており、気軽に購入することができます。

いかがでしたか?
意外と自分たちの生活に身近なオイルや美容成分が多かったのではないでしょうか?
後半でご紹介した成分はもちろん食品として取ることも体内の美容につながります。
結果的にはバランスよく多くの食材をとる事は体の健康や肌を美しくするということにつながってきます。

スポンサーリンク

 

タグ :  

美肌 乾燥肌 美肌 美肌のスキンケア 美肌 美肌の食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: