美肌 スキンケア

美マイル

憧れのつるつるたまご肌 すぐに実践できる7つの方法

憧れのつるつるたまご肌  すぐに実践できる7つの方法

生まれたばかりの赤ちゃんのつるつるたまご肌。女の子なら誰だって憧れちゃうものですよね。

生まれたときは、みーんなあのつるつる肌だったのに、時の流れとともにいつのまにか、、、。

特に顔の皮膚は常に外気にさらされており、ホコリや紫外線などの攻撃を常に受けています。また、毎日のメイクも、お肌にとっては大きなダメージ。

そんなストレスを抱えた大人の肌ですが、やっぱり赤ちゃんのスベスベ肌に戻りたい!そう思ってしまうのは女の子なら当たり前。

「生まれたばかりの!」とはいかなくても、少しでも赤ちゃんのようなたまご肌に近づける7つの方法を教えちゃいます。

スポンサーリンク

1)がんばり過ぎない洗顔で、乾燥にさようなら

乾燥知らずで毛穴レスなつるつるのたまご肌。そんなお肌はみんなの憧れ。

しかし、乾燥でカサカサになってしまう女の子って意外と多いのではないでしょうか?

乾燥が怖くて、ありったけの美容液やクリームを塗ってみても、一向に変わらない。むしろもっと乾燥していくような気がする、、、。

そんな悩みを抱えているあなた。もしかして、洗顔をし過ぎてはいませんか?

朝起きて、洗顔フォームでしっかり洗顔。夜寝る前に、メークを落としてダブル洗顔。

たっぷり美容液を塗って、クリームでフタをして、、、、。

こんなにきちんとしてるのに、、、。

これは、洗顔のし過ぎです。朝の洗顔は、水だけで十分なのです。丁寧に水で洗顔するだけで、きれいに汚れを取ることが出来ます。

過剰な洗顔は、肌に必要な水分や油分まで奪ってしまい、肌は本来の働きを失ってしまいます。

せっかくがんばっていても、これではなんの意味もありません。

がんばり過ぎる洗顔をやめて、肌本来の潤いを取り戻しましょう

2)蒸しタオルで、効果倍増

しっかりとメイクを落としたつもりでも、毛穴の奥には落とし残してしまったメイクや汚れ、余分な皮脂などが残ってしまっているものです。

洗顔の前に蒸しタオルを使って毛穴を開き、この汚れを撃退しましょう。

蒸しタオルの作り方はとっても簡単。

水で濡らしたタオルを軽く絞り、ラップで巻いたら電子レンジで30秒~1分ほど温めまれば出来上がり。このタオルを使い、洗顔前に顔全体を覆い、しっかりと蒸らしましょう。毛穴を開いてくれるだけでなく、リラックス効果も期待出来ますよ。

 

3)ガーゼ洗顔で毛穴レス肌

せっかくのうるうる肌でも、毛穴がつまって黒くなってしまっていては元も子もありません。

特に鼻の頭は黒いブツブツがとっても目立ちやすいですよね。ファンデーションで隠してみても、時間が経つとすぐに崩れてしまいます。

そんなあなたに試して欲しいのが、ずばり「ガーゼ洗顔」。

やり方はとっても簡単。

ぬるま湯で塗らしたガーゼで石鹸を泡立て、そのガーゼでくるくるとマッサージをするように洗顔しましょう。あくまで、‘やさしく’肌を滑らせるように動かすのがポイントです。力の入れ過ぎは逆効果。逆にお肌を傷つけてしまいますので、気をつけて下さいね。古い角質をしっかりと取ってくれ、毛穴の黒ズミにも効果があります。まずは週2回くらいのペースで取り入れてみましょう。

4)ピーリングジェルでスペシャルケアさらに毛穴レス肌を目指そう

毎日のケアも大切ですが、たまーにスペシャルケアをプラスして、さらなる毛穴レスを目指しましょう。憧れのたまご肌に近づくために効果的なのが、「ピーリングジェル」です。

「ピーリング」とは本来英語で「皮を剥く」という意味があります。美容においては、硬くなってしまった古い角質を落として、肌本来の力を取り戻してあげるいう意味があります。

エステなどで高価なピーリングの施術もしてくれますが、自宅で手軽に出来るのが「ピーリングジェル」。10円玉くらいの大きさのジェルを手の平に出し、気になる部分をやさしくクルクルと指でなぞりながら、顔全体に伸ばして行きましょう。

毛穴の奥に詰まった汚れや、古くなった角質が自然に浮き出してきます。

また、その後に使う化粧水などの浸透もとても良くなりますよ。

5)水パッティングで、開いた毛穴をキュッと閉めよう

しっかりと毛穴の汚れを落とした後は、その開いてしまった毛穴をキュッと閉めてあげることも重要です。一番手軽な方法が、「水パッティング」です。

その名の通り、洗顔後に冷たい水で、肌をパッティングするだけなのでとってもお手軽。

そして、こんなに簡単でも効果は絶大!

お肌の新陳代謝も良くなり、明るく透明感のある肌に近づけます。

6)ローションパックでうるおい補給

しっかりと汚れを落とした後は、ローションパックで肌にうるおいを閉じ込めましょう。

きちんと保湿することも、たまご肌に近づくためにはとても大切です。

ただ化粧水をつけるよりも、少しだけ手間と時間を掛けてパックしてあげることで、肌はうるおいをしっかりと吸収することが出来ます。洗顔後、たっぷり化粧水を染み込ませたコットンを肌にのせ、3分くらいしっかりと浸透させましょう。

3分と聞くと、「少し短いかな?」と感じてしまいますが、実はこれくらいで十分。あまり長く肌の上に置きすぎてしまうと、コットンが乾燥し、肌の水分を逆に吸い取ってしまいます。

7)クリームの本領発揮!うるおいは絶対に逃さない


スキンケアの最後の仕上げは保湿クリーム。この最後の保湿を怠ってしまうと、せっかく肌が吸収したうるおいを、すぐに逃がしてしまいます。クリームには、いままでお肌に浸透したうるおいを閉じ込めると共に、刺激からお肌を守る働きもあります。

クリームをたっぷりと手に取り、顔全体にやさしく伸ばしましょう。このとき、上から下へやさしくマッサージしながら行うと、効果倍増。

この最後の仕上げをしっかりと行うことで、うるうるのお肌をしっかりとキープすることが出来ます。

いかがでしたか?

こうやって考えてみると、憧れのたまご肌の秘訣と、普段のスキンケアの違いはほんの小さなことなのではないでしょうか?女の子のお肌はとっても敏感です。

正しいスキンケアの方法で、見違えるほどの効果を発揮してくれます。

また逆に、間違った方法を続けてしまうと、すぐに反応しお肌がボロボロになってしまいます。

正しいスキンケアで、あなたも憧れのつるつるたまご肌に一歩近づいてみませんか?

まとめ

1)がんばり過ぎない洗顔で、乾燥にさようなら

2)蒸しタオルで、効果倍増

3)ガーゼ洗顔で毛穴レス肌

4)ピーリングジェルでスペシャルケアさらに毛穴レス肌を目指そう

5)水パッティングで、開いた毛穴をキュッと閉めよう

6)ローションパックでうるおい補給

7)クリームの本領発揮!うるおいは絶対に逃さない

スポンサーリンク

 

タグ :  

美肌 美肌 美肌のスキンケア 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: