美肌 スキンケア

美マイル

美肌水!手作り化粧水でコスパも肌もうれしい5つの知識

美肌水!手作り化粧水でコスパも肌もうれしい7つの知識

 

普段何気なく飲んでいる「水」ですが、実は隠された効果を持っているのです。みなさんがお風呂上がりなどにつける「化粧水」、なんと自分で作ることができるのです。その主な原料がそう、水です。

 

 

もちろん、ただの水道水から作ることはできませんが、ある種類の水で、簡単に出来てしまうのです。今回は、その化粧水の作り方とコツについてご紹介します。

スポンサーリンク


1. 手作りのメリットとは


それでは、なぜ手作りをするといいのでしょうか。一番のメリットは安くて簡単だということです。

作り方としては、まず材料を用意して、あとは分量を量ってまぜるだけ。本当に簡単で、誰でも出来ます。

それに材料は、近くの薬局で手頃な価格でそろえることが出来ます。同じ薬局でよく売られているお値段の高い化粧水は、それなりにいい成分も入っていますし、効果も素晴らしいものが多いでしょう。

 

 

しかしいい成分がたくさん入っているからといって、絶対に美肌効果が抜群かと言われると、それは違います。効果のある成分を厳選して、少なくとも「これがあれば!」というものが入っていれば大丈夫なのです。

実際に手作りの化粧水で効果が出たという人はたくさんいますし、よくメディアにも取り上げられています。安心して試してみてください。

 

 

また手作りのメリットとして、基本の材料に加えて自分の好みの成分をまぜたり、自分の肌に合うように微調整したりできることです。

乾燥肌だからしっとり感を出したい、敏感肌だから肌を潤したい、など自分の要望に合ったオリジナルの化粧水を作ることが出来ます。

世界に一つの自分だけのものを作ってみましょう!

2. 用意するものは「水」「グリセリン」


まず用意するものは精製水、そしてグリセリンです。精製水はたいていの薬局に売っています。

コンタクトレンズのコーナーに置いてあることが多いです。グリセリンも薬局で買えるのですが、ネットや通販などで売っているような植物性のものの方がなじみやすく、効果が上がります。

薬局で売っているものの方が値段は若干下がりますが、皮膚に合わない時を考慮すると、はじめは植物性のものを購入されることをおすすめします。ここで精製水は化粧水の基本となる水分の役目、そしてグリセリンには保湿効果があります。

 

 
この二つが基本となる材料ですが、他にも精油や尿素を入れるとまた異なる効果が出てきます。

精油は活性化してしまったメラニン色素の沈着を防ぎ、さらに新しい細胞の発育を促す効果を持っています。

そのため精油は美肌効果、美白効果、日焼け対策など様々な効果を持っているのです。また尿素は肌の角質層の中に保湿成分として元々含まれている成分です。

そのため尿素には、古い角質層がはがれ落ちるときに、肌を傷つけないようにする効果や、肌を保湿する効果などが見られます。

ただし尿素は使いすぎると肌に悪いので、注意してください。人によりますが、だいたいグリセリンの半量くらいがベストでしょう。

 

3. 効果が出やすい黄金比は? 

 
精製水100mlに対してグリセリン小さじ1(5ml)がちょうどいいバランスでしょう。ただグリセリンは保湿効果がありますので、乾燥肌の人やしっとり感を出したい人はもっと多めに入れても問題ありません。

反対にさっぱり感を出したい人は、グリセリンを少なめにしてもいいと思います。実際に作ってみて、自分に合う適切な量を見つけましょう。

4. 毎日のお手入れ方法! 


まず作った化粧水を保管する容器を用意しましょう。吹きかけやすいようにスプレーなどにするといいです。

精製水には防腐剤が入っていないので、作った化粧水が1週間くらいで使い切れるようなサイズの容器にして下さい。

作り方は簡単。まず精製水をいれて、次にグリセリンを入れます。よく振って完成です。さらに成分を付け足したい人はここで加え、最後にまた振って下さい。

この化粧水を毎日洗顔後やお風呂上がりなどに吹き付けてください。顔だけでなく、全身の肌に効果がありますので、足や腕、身体につけても問題ありません。

むしろ全身の肌を美しくするためには、一日一回、全身に吹き付けるといいでしょう。

5. 注意すること


上にも書いた通り、精製水には防腐剤が含まれていないので、作った化粧水は早めに使い切りましょう。また一度開栓した精製水も、早めに使い切れるようにしてください。

 

 
また自分の肌に合わないと思ったら、すぐに使うのをやめてください。アトピーなどをお持ちの方は特に要注意です。そして容器は一回一回きれいに洗ってから使うようにしましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。「水」から美肌を手に入れるコツは得られたでしょうか。

今回のポイントは手作りということです。こちらの記事を通して、安くて簡単に自分だけの化粧水を作ることができる、その素晴らしさに気づけていただけたら嬉しいです。

 

 

みなさんもぜひ、コスパよくきれいな美肌を手に入れてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

おすすめ 化粧品 化粧品 基礎化粧品 美肌 美肌 美肌のスキンケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: