ほうれい線 エクササイズ

美マイル

ほうれい線を消す7つの効果的エクササイズで若返りモテ笑顔

ほうれい線を消す7つの効果的エクササイズで若返りモテ笑顔

 

ほうれい線があると、せっかくの素敵な笑顔まで、なんだか老け顔に見えてしまって残念ですよね。

そんなほうれい線を消すためには、スキンケアによって働きかけることも大切ですが、実は肌内部の表情筋に働きかけることも大切なのです。

 

表情筋に働きかけるためには、ほうれい線エクササイズを行うのが効果的

そこで、そんなほうれい線エクササイズの7つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

●その1:舌回し

口の中で、舌をぐるぐると回すエクササイズです。

口を閉じた状態で、舌を歯茎の表面をなぞるようなイメージで、ぐるぐると回してください。

 

舌は、表情筋を鍛えるのにはとっても重要なパーツです。

舌を使ったエクササイズで、しっかりほうれい線を消しましょう!

口周りに直接働きかける、舌回しは、ほうれい線エクササイズの中でも、特に効果的です。

右回り10回、左回り10回程度を目安に、できるだけ毎日継続してください。

 

●その2:筋肉をほぐす

次に、口周りの筋肉をほぐすエクササイズです。

口の両端に人差し指を入れて、口の内側から筋肉をほぐすことをイメージして、指を上下に動かします。

これにより、凝り固まった表情筋が柔らかくなり、弾力が生まれます。

 

ほうれい線周りの表情筋への働きかけは、肌表面よりも、口の内側から行うのが効果的です。

清潔な手で、しっかり口の内部から筋肉をほぐしていきましょう。

指を入れるのに抵抗がある場合は、舌を使って内側から、ほうれい線ができる辺りを意識してマッサージするのも良いですね。

 

●その3:頬を動かす

口周りだけでなく、頬の筋肉がたるんでしまうことによっても、ほうれい線は発生します。

そのため、頬全体の表情筋を鍛えるエクササイズが必要です。

 

頬のエクササイズでは、口を思い切り膨らませる、思い切りすぼめるという動作を繰り返します。

これを10回程度毎日繰り返してください。

 

ペットボトルを使った方法なんかもあり、ペットボトルを口に加えた状態で思い切り息を吸ったり吐いたりするのも、高い効果が得られます。

 

●その4:舌出しエクササイズ

次に、舌を出して動かすエクササイズです。

真上を見て、両手は胸の前でクロスして、頭をしっかりと後ろに反らします。

 

その状態で、舌を真上に突き出し、左右に動かします。

首の筋まで伸びている感じを実感しながら行ってください。

 

この運動は、ほうれい線と共に、首筋やフェイスラインをスッキリさせる効果もあります。

左右に10回程度、毎日継続するようにしましょう。

 

●その5:リズミカルに頬を膨らませる運動

頬を、左右交互に膨らませたりすぼめたり、上下にも膨らませたりすぼめたりする運動を、リズミカルに行うというほうれい線エクササイズも効果的です。

でんでんむしのリズムに合わせて行う方法が、テレビでも紹介されました。

 

リズムに合わせて頬を膨らませたりすぼめたりすることで、楽しみながらほうれい線エクササイズを行うことができます。

また、「1曲行ったら今日のエクササイズ終了!」という目安にもなるので、単調に回数を数えながら行うよりも、面白いですね。

 

両頬だけでなく、鼻の下や顎にも空気を入れて膨らませたりすぼめたりするのがポイントです。

 

●その6:アイウエオ体操

口を大きく開けて、はっきりと「ア・イ・ウ・エ・オ!」と発音するだけでも、口周りの症状筋を鍛えることができます。

とっても簡単なエクササイズだから、気が付いたときに、いつでもできますね。

 

ハキハキと話すことが仕事のアナウンサーの方などは、ほうれい線があまり気になりませんよね。

それは、口周りをしっかり動かしながら表情筋を鍛えているからなのかもしれません。

 

●その7:唇を回す運動

唇をキュッとすぼめた状態にして、そのままの状態で、唇を上・右・下・左と時計回りに回していきます

3回くらい行ったら、口を全開に思い切り開けて、動かした筋肉の緊張を緩めましょう。

 

表情筋をあまり使っていない人の場合、なかなかうまく動かすことができずに、難しく感じるかもしれません。

でも継続するうちに口周りの筋肉が柔らかくなり、動かしやすくなってきますよ。

 

まとめ

ほうれい線を消すためのほうれい線エクササイズは、実はたくさんの方法があります。

どの方法も、とっても簡単に実践できるので、気が付いたときに行うようにすると良いですね。

 

毎日しなければならない、と気負い過ぎてしまうと、継続しにくくなってしまいます。

なんとなく時間が空いたときに、お気に入りのエクササイズを1つ行う、というだけでも、効果が期待できます。

 

ただし、やり過ぎは禁物です。

体の筋トレでも、過度になると筋肉が損傷を受けてしまいますよね。

それと同じで、表情筋は体の筋肉よりも繊細だから、傷つきやすいもの。

心地よいと感じる程度の回数で抑えて、短期間に詰め込むのではなく、1日に少しのエクササイズを実践するという習慣を継続していくほうが効果的です。

 

無理せずエクササイズを継続して、若返り、自信を持って笑顔になれるように頑張りましょう!

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

おすすめ しわ・たるみ しわ・たるみ たるみ エクササイズ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: