笑顔 作り方

美マイル

自然な笑顔の作り方で知っておきたい7つのコツとトレーニング方法

自然な笑顔の作り方で知っておきたい7つのコツとトレーニング方法

 

 

自分の気持ちを伝えるには表情が大切です。

自然な笑顔は人間関係を円滑にしますし、

自分も周りの人も幸せな気持ちにさせます。

ですが意識してしまうと緊張して不自然になってしまったり、

引きつってしまうので、
笑顔を作るのが苦手という人もいるでしょう。

 
ちょっとしたコツとトレーニングで

表情豊かな笑顔を作ることができます。

人の第一印象は笑顔で決まります。

 

 
良い印象を与える魅力的な笑顔の作り方をお伝えしましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

その1:自然な笑顔のための口元の作り方

 

 

 

笑顔の最大のポイントは口元です。

口角がきゅっと上がった口元の笑顔は魅力的に見えますが、

口角が下がっているときれいな笑顔ができないだけでなく、
疲れた印象を与えてしまいます。

 

 
鏡を見て、直線よりも口角がさがっていたら要注意です。

頬の筋肉を上がると口角も上がりますが、

顔の筋肉は加齢によって衰えてきますので、

日頃から表情筋を鍛えましょう。

口元のトレーニング方法はまず右の口角と頬を思い粋り持ち上げ、

右目を閉じて5秒間キープします。
左も同様に行います。

また口角を上げて笑顔を作り、

しばらくキープするなどトレーニング方法はたくさんあります。

どれも簡単なものですでの、毎日行うようにしましょう。

 

 

 

その2:上の歯を見せるようにする

 

 

 

自然な笑顔の作り方のコツは、

上の歯を見せることです。

歯を見せることは笑顔の基本ですが、

下の歯が見える笑顔は卑屈な印象になってしまいますので、

上の歯だけを見せることが大切ですが、
歯茎歯見えすぎないようにしましょう。
もちろん虫歯などのないきれいな歯が見えることが一番です。

鏡の前で「イー」といいながら口の開き具合を確認してみましょう。

 

 

 

その3:目元のトレーニング

 

 

 

笑顔に感情を込めるのが目元です。

どんなに良く笑う人でも目が笑っていないと不自然です。
またしわができるのを嫌って

目元を動かさずに口元だけで笑っていると、
冷たい印象を与えてしまいます。

 
しわを気にせずに笑うと目が細くなり、

黒目が割合が増え好印象を与えることができるでしょう。

さらに目の周りの筋肉を

しっかり動かすようにトレーニングをすると、

目元にハリを与え、表情を明るく見せることができます。

目元のトレーニング方法は、

ゆっくり目を閉じてぎゅっと力を入れます。
3秒間キープしたらゆっくり力を抜き、

パッと目を開いて3秒間キープします。

 

 

 

 

その4:眉を意識する

 

 

 

自然な笑顔の作り方には、

眉を意識することも大切です。
眉を上下させたほうが感情を伝えやすくなり、
効果的になります。

 
目や眉が動くと表情に変化がでますので、

笑顔のパワーが向上し、好感をもたれやすくなります。

ですが、眉は意識していないと動かすことは難しいので、

日頃からトレーニングをしておきましょう。
眉の上に人差し指をのせ、
眉をゆっくり上に動かします。
人差し指は眉に逆らうように下に押さえ、

5秒間キープしたらゆっくり元に戻します。

このトレーニングは眉を上まぶたが引き上がるので、

はっきりとした目元を作ることもできます。

 

 

 

その5:日常的に笑顔のトレーニングをする

 

 

 

笑顔の作り方のコツやトレーニングを実践していても、
すぐに自然な笑顔ができるようになるとは限りません。
自然に笑顔ができるようになるまで、

日常的に笑顔をつくる習慣をつけましょう。

 

 

 

日頃から小さな幸運にも大きく喜び、

口角をあげて笑顔を作るようにしたり、

1日に何度も鏡を見て笑顔になっているかチェックしてみることも大切です。

また顔の筋肉が硬くなっている人は、

マッサージやストレッチで頬や口元の筋肉をほぐしておくと

自然に笑顔が作りやすくなります。

日常的に笑顔を作るように心がけましょう。

 

 

 

 

その6:メイクを工夫する

 

 

 

メイクによっても笑顔の印象は大きく変わってきます。

笑顔がさらにきれいに見えるメイクのポイントは、

笑顔の特徴にそってメイクをすることです。

眉は比較的淡く曲線的に書き、

特に眉頭は薄く書きます。

 

 
アイシャドーやアイラインは目にそった曲線でソフトに仕上げ、
笑った時に頬が一番高くなるところを中心にチークを丸く入れます。
口紅はあまりしっかりと縁取りせず、
色はピンクベージュや淡いオレンジなど優しい色を使いましょう。
きりっとしたメイクではなく、

ふんわりと優しい仕上がりにすることがコツです。

 

 

 

その7:明るい気持ちを持とう

 

 

 

笑顔を作ろうとしても落ち込んでいたり、

悩んでいたりすると心から笑顔になることはできません。

ムリに笑顔を作っていると作り笑いになってしまい、

逆効果になってしまいます。

 
自然な笑顔の作り方で最も大切なことは、
健康で心が元気でいることです。
健康で元気であれば笑うことが増え、

顔の筋肉を動かすことになり

自然と生き生きとした表情を作ることができます。

 

 

健康のためには規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけ、

心が元気でいるためには

必要以上に悩んだり落ち込んだりしないことです。

できるだけポジティブに物事を考え、行動してみましょう。
そうすることで明るい表情でいることが増え、
自然に笑顔を作ることができるようになるでしょう。
自然な笑顔で大切なのはリラックスした、

自分らしい笑顔になることです。

 

 
就職活動や初めて合う人の場合は体をほぐすなどして、

気持ちを高揚させておきましょう。

 

 

相手の表情に合わせて

相手より少し明るめの笑顔を向けると、

良い印象を与えやすくなります。

 

 

自然な笑顔の作り方のコツやトレーニングは、

継続して行うことでより自然にきれいな笑顔を作ることができます。

 

 

笑顔を作ると気持ちも明るくなってきます。
是非チャレンジしてみましょう。

 

 

 

その1:自然な笑顔のための口元の作り方

その2:上の歯を見せるようにする

その3:目元のトレーニング

その4:眉を意識する

その5:日常的に笑顔のトレーニングをする

その6:メイクを工夫する

その7:明るい気持ちを持とう

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

タグ :  

おすすめ 笑顔 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: