毛穴ケア

美マイル

毛穴ケアやってる?毛穴に優しい7つのケアと注意点

 

毛穴ケアやってる?毛穴に優しい7つのケアとやってはいけない注意点

 

 

 

毎日きちんと洗顔していても起こってしまう毛穴トラブル。

一度起こってしまうとなかなか改善できなことも大きな特徴になっており、多くの女性が悩んでいます。

毛穴が気になるあまり指などで押したり引っ張ったり、擦ってしまう人も多いですね。

しかしそれらの行為は根本解決にはなりませんし、肌への負担が皮膚表面の赤みや腫れの原因にもなります。

角質を一度に除去できるパックやクリームも市販されていますが、頻繁に使用していると同じく肌荒れに繋がります。

肌にも毛穴にも優しく、詰まりや開きを改善できる毛穴ケアはご存知ですか?

実は手間も費用もかからないものばかりなので、ご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

蒸しタオル

 

 

 

 

洗顔の前に蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を適度に開かせましょう。

どんな毛穴ケアを行うときにも、ある程度の開きがあるほうが効果を得やすいためです。

蒸しタオルは水で濡らしたタオルを電子レンジで加熱すると簡単に作れます。

電子レンジ庫内の掃除と、取り出すときの火傷には気をつけてくださいね。

入浴する際は浴槽からの湯気でも十分ですし、スチーマーの温蒸気も効果的です。

 

 

 

 

 

オリーブオイルでパックやマッサージ

 

 

 

 

市販で角質汚れや角栓を溶かす成分の含まれたオイルやクリームもありますが、肌への負担を考えるとオリーブオイルが最適です。

食用にされているくらいですから強い洗浄成分などは含まれていないのに、毛穴ケアにとても効果を発揮します。

適量を手に取り人肌で暖めてから気になる部位に塗り優しくマッサージしましょう。

 

 

パックにすることもでき、小麦粉か重曹を混ぜて作ります。

清潔な容器に入れてかき混ぜ、肌に塗って垂れない程度にトロトロにして使います。

数分塗っておくだけで毛穴の汚れが柔らかくなり、ポロポロと角栓が取れてきます。

最後に顔に残らないよう、洗顔は2回行うようにしてください。

 

 

 

 

 

 

きめ細かな泡を作る

 

 

 

 

毛穴を暖めて開いても、洗顔の泡立てが不十分では効果半減です。

小さな毛穴の汚れを落としてもらうのですから、泡もそれくらい細かいものが理想的ですね。

手で泡立てる場合は少しずつ水を足しながら、丁寧に撫でるように混ぜていきます。

結構な手間と時間がかかりますから、市販されている泡立てネットやブラシを使うととても楽になります。

モッチリとした泡ができたら、最後に手のひらで優しく押し撫でてキメを整えて洗顔しましょう。

どんな毛穴ケアもこの泡立てが出来ていないとムダになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

しっかりと、ぬるま湯ですすぐ

 

 

 

 

洗顔後のすすぎは人肌程度の温度を目安に、ぬるま湯で行うようにしましょう。

熱いお湯を使用すると肌の表面にあるべき皮脂を流してしまうため、乾燥を促してしまいます。

乾燥した肌は潤いを保つために必要以上に皮脂を分泌し、必要以上の皮脂は角栓として再度毛穴に溜まってしまいます。

また、泡の洗い残しは肌にストレスを与え、トラブルの元になります。

髪の生え際や顎のライン、小鼻は特に残りやすい位置ですので注意してください。

 

 

 

 

 

 

化粧水をたっぷり塗る

 

 

 

 

化粧水はケチらず、贅沢に使いましょう。

コットンに化粧水を滲みこませて数分間パックすると、肌の奥深くまで潤います。

パックは落ち着かないという人は、化粧水の3度塗りが良いです。

数分の間隔をあけて、先に塗った化粧水が肌に馴染んだころにまた付けます。

 

 

 

保湿をしっかりと行い十分に潤った肌は毛穴ケアの効果を高めますし、開き毛穴の予防にもなります。

使用する化粧水はビタミンC誘導体が含まれているものが毛穴ケアに合っています。

ビタミンCは肌をふっくらとさせる効果が高く、ケアした後の毛穴を引き締める効果が大きいためです。

詰まり毛穴にも効果がありますが、特にたるみ毛穴に対する効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

保冷剤

 

 

 

 

毛穴ケアを行う際は暖めて若干開かせておいた方が効果を高めますが、ケアが終わったらキチンと引き締めておくことが大切です。

化粧水を塗った後に保冷剤を肌に当て、数秒程度冷やすと毛穴がキュっと引き締まります。

 

 

 

洗顔後のすすぎを冷水で行う方法もありますが、冬場は辛いものがありますし耐えながらやっているとすすぎ残しに繋がることもあります。

また、保湿前に毛穴を引き締めてしまうことは浸透率を下げてしまうことにもなります。

そのため、保湿が終わってからの引き締めがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

食生活の改善

 

 

 

 

毛穴が詰まりやすい人は、皮脂の分泌量が過剰である場合が多いものです。

皮脂の分泌量には個人差があるものですが、意外と食事や生活スタイルの影響が大きいのです。

油分の摂取量を控える、質の良いものを食べるようにすると詰まりにくい毛穴になります。

日々の毛穴ケアと平行して気をつけてみてください。

 

 

 

 

 

 

最後に、今回ご紹介した毛穴ケアは最低でも1ヶ月は続けるようにしましょう。

肌の代謝であるターンオーバーは28日周期なので、毛穴ケアの効果が十分に表れるのも同じくらいの期間がかかることは珍しくありません。

もしかしたら長く感じるかもしれませんが、一時的に角栓を取り除くケアよりも、最終的な仕上がりが綺麗になりますよ。

開き毛穴もすぐには閉じませんが続けていると徐々に目立たなくなります。

優しく労わって綺麗な毛穴を育ててくださいね。

 

 

まとめ

 

 

 

1.蒸しタオル

2.オリーブオイルでパックやマッサージ

3.きめ細かな泡を作る

4.しっかりと、ぬるま湯ですすぐ

5.化粧水をたっぷり塗る

6.保冷剤

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

美肌 毛穴 美肌 美肌 美肌のスキンケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: