毛穴 つまり

美マイル

ぽつぽつ毛穴は嫌われる!毛穴のつまり5つの解消方法

ぽつぽつ毛穴は嫌われる!毛穴のつまり5つの解消方法
「この女優さん、意外と毛穴がスゴイかも」・・・。キレイだと思っていた女優さんの毛穴が見えてしまった途端、自分の毛穴も気になって仕方がないということはありませんか。

自分も赤ちゃんのような、ぷるんとしたお肌や陶器のようななめらかなお肌とは程遠くなってしまったかも・・・?
いいえ、大丈夫です!思い立った時が始め時です。

 

今回は毛穴のつまり5つの解消方法をご紹介いたします!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

1) 頼んでもいないのに開いていく毛穴・・・気づいた時のショックは?

 

 

 

鏡の前で毎日自分の顔を見ているのにもかかわらず、ふと毛穴がクレーターのように陥没しているのに気づくことがあります。

休日など、時間に余裕があって、しかも平日の朝とは違う時間に差し込む光の角度が違ったりすると、これまで気づかなかった毛穴を大量に発見してしまうのです。
こんな感じでしたっけ、ワタシのお肌・・・ええ、毎日こんな感じでした、その毛穴。
ちゃんとケアしていたはずなのにこんなことになっていようとは、とショックを受ける方も多いようですが、実は毎日どことなく感じ取っていたはずなのです。
思い返してみましょう。最近、お化粧崩れが早いような気がしたり、お化粧ノリも悪くなってメイク直しの回数や時間が増えたりしていませんか。

そしてそれをカバーするための厚塗りメイクで、今度はメイクがヨレヨレ。

まだらのようにお化粧が崩れて鼻の頭を隠しながら過ごすような悲劇の悪循環から脱却する合図です。

 

2) 毛穴のポツポツ、つまり、黒ずみ、デコボコ。立ちはだかる敵の正体は「角栓」

 

 

 

ここで毛穴の対策を考えてみます。毛穴は全身に、しかも無数に存在しています。毎日お風呂に入って全身をキレイにしているのですから、毛穴に詰まっているのは日々の洗浄で落ちきれなかったモノが次第に堆積したものです。
特に皮脂やホコリが絡み合って毛穴にすっぽりと入り込み、さらにその上から皮脂やホコリが蓄積されたものは、ちょっとやそっとのクレンジングでは落ちません。

毛穴につまって黒くなったものが黒ずみで、しかもその黒ずみは一番皮脂が溜まりやすい鼻の頭に集中します。
額や頬、鼻の横などのポツポツ毛穴はすでにデコボコクレーター状態になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

溜まった皮脂やホコリ、クレンジングで落としきれていないメイクなどが溜まると、その重力で毛穴がどんどん奥深く広がっていくのです。
この溜まった汚れの重さもクレーターのような毛穴の原因です。

 

 

しかし、このクレーターをキュッと持ち上げたら、毛穴が目立たなくなりそうと思いませんか。そのためには、毛穴の汚れを除去して軽くし、毛穴の広がりを阻止する必要があるのです。
この毛穴に堆積した汚れに人間の体から出てくる垢(アカ)の成分でもあるタンパク質が混ざって「角栓」といわれるものになります。これが溜まりに溜まると白いニュルっとしたものに変わるのです。

自分の鼻の頭を指でキュッと押して、角栓を出してみたことがある方はピン!ときたでしょう。

 

 

3) それでも意見が割れる、角栓対策。やってみる価値はアリ?ナシ?

 

 

 

今すぐ角栓を取りたい!と焦る気持ちはよくわかります。しかし、この角栓対策。実は賛否両論であるのが現状です。美容特集の番組では美容の専門家がおすすめする角栓の取り除き法などを紹介しています。

そして「角栓を取り除かない限りポツポツ毛穴との闘いは終わらない」とおっしゃるのですが、効果はどうなのでしょうか。
まず、角栓を取るとしたら共通している方法は毛穴を十分に開かせるということです。塗れたタオルと電子レンジで作った簡単蒸しタオルなどで毛穴を開かせてから行うことが大前提です。

 

 

1. 開いた毛穴を指の腹で押したり角栓取り棒などで角栓を取り出す
2. 毛穴専用を含めたパックで角栓を剥がす
3. 油脂クリームなどを塗布してから角栓と一緒に拭き取って洗い流す
4. オリーブオイルなどでマッサージをして洗い流す
5. ピーリング剤が配合された石鹸やジェルなどを使う

 

 

 

しかし、ここで角栓対策に反対意見があることも事実です。確かに、角栓はそう簡単にとれるものではありません。蒸しタオル程度で取れるものであればむしろそれは肌にとって必要な皮脂や角質なのではないか、という意見です。

 

 

また、パックやピーリング石鹸などで取れた角栓に喜ぶあまり、毛穴が開いたままで終わってしまうと、さらに毛穴が大きくなってしまうことも。
角栓除去のケアをすれば、もっと気になるのが人の性。

 

 

エスカレートして、必要な角質まで取り除いて肌がカサカサでブツブツ、毛穴のつまりを解消しようとしただけなのに逆効果という結末もありえるのです。

 

4) 解消しても、安心するべからず!それからが本当のケアの始まり

 

 

 

ポツポツ毛穴対策で角栓対策を実行しても、決して安心するべからず!本当の毛穴ケアはここからが本番です。

前述の角栓対策で、角栓取りに反対する方の多くの意見で共通していたことは「毛穴の放置」です。

 

せっかく毛穴から角栓を除去しても、開いた毛穴を放置したままではむしろクレーター化を推し進める結果になりかねません。
毛穴対策をしたら、必ず十分な保湿と肌をケアする乳液や保湿ジェルの重ね塗りなどで引き締めましょう。
肌にはセラミドという成分があり、水分を蓄えておく大事な成分でもあります。このセラミドにしっかり水分が蓄えられていないと毛穴が乾燥してしまいます。

 

 

5) 毛穴のつまりの解消は日頃のケアが一番。元を断たなきゃダメ!

 

 

 

毛穴対策だけではなく、お肌のケア全般に言えることですが、日頃のケアがなによりの対策です。一度角栓をとったから大丈夫とか、しばらくは安心と気を緩めていると再び鏡に映るのは悪夢のポツポツ毛穴ということになります。
継続はチカラなり。あくまでも今回は最初の取っ掛かりにすぎません。加齢に伴う問題も出てきますし、年齢とともにお肌は重力に引っ張られていきます。

 

 

毛穴対策でポツポツを気にするだけでなく、お肌の乾燥対策やコラーゲン対策も並行していかなければ、いずれカサカサ、ポツポツの運命が待っています。
負担にならない程度に継続できるケアを選び、角栓の元を断てるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

今は男性もお肌に気を遣う時代です。特に女性の場合は、ホルモンバランスや日頃のメイクで肌に対するケアは、より重要になってきます。

毛穴対策でポツポツを解消したら、しっかりと保湿をして肌を保護しましょう。

 

 

自分のチェック以上に他人のチェックは厳しいです。あの女優さんの毛穴・・・などと思っている以上に、アナタの毛穴もチェックされていますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

タグ :  

化粧品 美肌 毛穴 美肌 美肌のスキンケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: