肌荒れ ビタミン

美マイル

肌荒れ知らずの美肌はビタミンで手に入れる!得する5つの知識

肌荒れ知らずの美肌はビタミンで手に入れる!得する5つの知識

 

 

ビタミンは、身体の中のあらゆる部分に栄養を与えるとても大切な栄養素です。極度の欠乏は、日常生活に支障をきたすどころか、ひどい場合は死亡してしまう可能性もあるビタミン。このビタミンは、お肌を若々しく美しく保つために重要な役割を担っています。

ビタミンがお肌へ与える影響と、いつでもツルツルの美肌を維持するとっておきの秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク

① ビタミンが身体に与える影響


ビタミンと一言で言っても、それぞれが身体に及ぼす影響は様々です。特に美肌に必要なビタミンB2やB6は、皮膚や粘膜の細胞を活性化させ健康な状態を維持する役割があります。

ビタミンを摂取する方法は、ビタミンを多く含む野菜から摂取したり、ビタミンが配合されているコスメを使用して、体内に取り入れます。
ビタミンはお肌にいい成分であることは間違いないのですが、過剰摂取は逆にお肌によくない影響を脅かしてしまうかのうせいもあるので、自分にとって必要な種類のビタミンを適量摂取することを心がけましょう。

② 水溶性と脂溶性にわかれるビタミン。


ビタミンは、水溶性と脂溶性の二つの性質に分けられます。水溶性の性質をもつビタミンCやB群は、、水洗いや加熱調理によって成分が分解されやすいので、茹でる煮るという調理法より蒸し料理や焼き料理のほうが成分を維持することができます。
一方脂溶性の性質をもつビタミンAやビタミンDなどは、油に溶けやすく身体に吸収されやすい油で調理が吸収率が高いとされています。

脂溶性のビタミンは体外に排出されにくいので過剰摂取は健康は美肌の妨げになるので注意が必要です。

③ 肌荒れには「ビタミンB」


ニキビや吹き出物、ゴワゴワした肌荒れにはビタミンB2やB6が効果的です。
ビタミンB2には骨や皮膚、粘膜を修復してくれる働きがあり、ビタミンB6にはタンパク質を分解し、免疫機能を維持する働きや、ホルモンの乱れによる肌荒れや不調を緩和します。まさに女性には無くてはならない栄養素なのです。

④ 美白の味方「ビタミンC」はタイミングに注意


シミやシワ、紫外線によるメラニンの生成を防いでくれるビタミンCは、美白の代名詞。ビタミンCの美白効果は常識ですが、ビタミンCを摂取するタイミングを間違えるとシミの原因になっていることはご存知でしょうか?

ビタミンCの代表果物レモンに含まれる「ソラレン」という成分は、紫外線を吸収しシミの原因になってしまう作用があります。ビタミンCを摂取するタイミングは、就寝前など長時間紫外線を浴びない

⑤ 抗酸化にビタミンE


アーモンドなどのナッツ類に多く含まれるビタミンEは、抗酸化作用が高く、お肌の老化を防いだりお肌表面のバリア機能を活性化するなど、アンチエイジングの効果絶大です。
お肌が疲れ気味の時や、ストレスによる活性酸素対策にも、美肌にとってビタミンEは欠かせない成分です。

 

まとめ

① ビタミンが身体に与える影響

② 水溶性と脂溶性にわかれるビタミン

③ 肌荒れには「ビタミンB」

④ 美白の味方「ビタミンC」はタイミングに注意

⑤ 抗酸化にビタミンE


美肌を保つには、ビタミンは欠かせない重要な成分です。ビタミンを取り入れる方法は様々ですが手軽な方法で摂取することができるので、肌荒れに悩む人はぜひビタミンを積極的に採り入れてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

タグ : 

シミ・そばかす 美白 美肌 美肌成分   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: