美肌 スキンケア

美マイル

目の下のたるみで悩まない!自宅で出来る7つの解決法

目の下のたるみで悩まない!自宅で出来る7つの解決法

女の子にとって、お肌の悩みは尽きないもの。

ニキビや、肌のテカリ、シミやしわなど、年齢に合わせてさまざまな悩みがあるものです。

そして、年齢を重ねるごとに気になってくるお肌の悩みのひとつが‘たるみ’です。

中でも目の下のたるみは、顔の中で非常に目立つだけでなく、顔の印象を一気に老けさせてしまいます。

では、目の下のたるみはいったいなぜ出来てしまうのでしょう?

そして、どのような解決方法があるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

お肌のたるみの原因はひとつではありません。

まず、原因のひとつが「筋肉の衰え」です。

お肌には一見筋肉なんてあるようには見えませんが、奥にはきちんと筋肉があり、お肌を支えてくれています。加齢とともに身体の筋肉は衰えていきます。同じように、お肌の奥の筋肉も衰えていくのです。この筋肉の衰えにより、お肌を支える力が弱まりお肌のたるみがはじまっていきます。

次に、加齢と共に失われる「コラーゲン」。

このコラーゲンの減少により、お肌はハリとうるおいを失っていきます。

その他にも、紫外線や乾燥など、たるみの原因はたくさんあります。

 

では、お肌の老化を防ぎ、目の下のたるみ、肌のたるみのない肌を作るには、どんな方法が有効なのでしょうか?

7つの有効な解決方法を見てみましょう。

 

1 目の周りは絶対にこすらない

 

目の周りの皮膚はほかの場所に比べて、非常に薄いものです。

本当は、刺激を与えないのが一番ですが、やはりアイメイクはおしゃれに欠かせないもの。

最近は、ウォータープルーフのアイメイク用品も一般的になってきました。

汗をかいても、泣いてもお化粧が落ちないのはとっても魅力的ですが、このメイクを落とす際にはとっても気をつけなくてはいけません。

ウォータープルーフの化粧品は、簡単には落ちません。

メイクを落とす際には、必ず専用のリムーバーを使用して下さい。

これを使用せずに、普通のメイク落としで、ゴシゴシこすっちゃう女の子って意外と多いんです。

やはり専用のリムーバーでないと、簡単には落ちずゴシゴシとこすってしまいます。

皮膚は傷つき、どんどんと乾燥してしまいます。

この繰り返しが、シミやしわ、たるみの原因のひとつとなってしまいます。

 

2 目のむくみに効くツボ①

 

目や顔は、身体の中で一番むくみ易く、さらに目の下のむくみが一番目立つ場所かもしれません。

むくみというのは、意外とあなどってはいけない大敵なのです。

身体や顔のむくみは放っておくと慢性化します。慢性化してしまったまま気づかないなんてことも良くあることです。このむくみを放っておかずきちんと解消してあげることで、目のむくみを軽減し、たるみの原因を解消できるのです。

目のむくみに有効なツボのひとつに「救後」があります。

目のむくみの原因のひとつである眼精疲労に良く効きます。

救護は目じりの下あたりのくぼみにあります。

指の腹を使って、ゆっくりと押してみましょう。

 

3 目のむくみに効くツボ②

 

先ほど紹介した「救後」のほかにも、目のむくみに効くツボはいくつかあります。

これらを合わせて刺激してあげることで、さらに効果が高まるでしょう。

ここで紹介したいツボが「四白」。

下まぶたの中央から、少しだけ下にあるツボです。このツボも、眼精疲労やクマの改善に効果があります。

 

4 目のむくみに効くツボ③

 

最後に紹介したいツボが、「太陽」。

目が疲れたとき、無意識にこのツボを押している人は多いのではないでしょうか?

ツボだと知らなくても、ついつい手がいってしまうのは、やはり効き目が抜群だから。

少し押しただけで、目の疲れがスッキリとします。

そう、この「太陽」は、目尻の外側にあるくぼみです。

目が疲れた際についつい手がいってしまうあそこです。

 

この3つのツボを合わせて刺激し、溜まってしまったむくみをスッキリ解消してあげましょう。

 

5 リンパマッサージで、老廃物を流してしまおう

 

溜まった老廃物は、むくみの原因です。この老廃物をしっかりと流して、スッキリとした目元を取り戻しましょう。老廃物を取り除くのに有効なのが、リンパマッサージです。

リンパマッサージにおける老廃物の最終的な出口は、鎖骨のあたりにあります。

 

1、まずは、鎖骨のあたりを、指で十分にほぐしてあげましょう。

2、鎖骨が十分にほぐれたら、目のまわりに入りましょう。

3、中指の腹を使って目尻から目頭まで、目の下の骨に沿って指を滑らせましょう。

4、次に目頭の辺りから、目の上の骨に沿って、こめかみまで指を滑らせます。

5、こめかみから、耳の前を通って、鎖骨まで老廃物を運びます。

 

目の周りのリンパマッサージをする際に気をつけなければならないのが、力加減です。

目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄く、傷つきやすい場所です。

力を入れ過ぎずに、優しくマッサージしましょう。

 

6 ホットタオルで肌の新陳代謝を促進

 

老化と共に、お肌の新陳代謝のスピードは落ちてしまいます。

身近な道具を使って、新陳代謝を活発にしてあげましょう。

まず準備するのは、ホットタオルと、水に濡らした冷たいタオルのふたつ。

このふたつを、交互に30秒くらいずつ目の上に乗せます。

これにより、血行が促進されクマの解消にもなります。

毎朝メイクの前の習慣にしてみましょう。

 

7 目の周りの筋肉をしっかり鍛えよう


 

初めにあげた目の下のたるみの原因のひとつが、筋肉の衰えです。

顔の筋肉は‘表情筋’と言って、顔の表情を作っています。

しかし普段の生活の中で、実際に使っている表情筋は、たったの30%と言われています。

目の下のたるみを予防するために、この周りの筋肉をしっかり鍛えてあげましょう。

まずは大きく目を見開き、5秒ほどキープします。

次は逆に強く目を閉じ、更に5秒キープ

これを5セット繰り返してみましょう。

簡単なように見えますが、実は普段の生活の中で大きく目を見開くことは意外とありません。

あまり大きな動きには思えませんが、しっかりと奥の筋肉に働きかけてくれます。

 

まとめ

 

1 目の周りは絶対にこすらない

2 目のむくみに効くツボ①

3 目のむくみに効くツボ②

4 目のむくみに効くツボ③

5 リンパマッサージで、老廃物を流してしまおう

6 ホットタオルで肌の新陳代謝を促進

7 目の周りの筋肉をしっかり鍛えよう

 

いかがでしょうか?

紹介させて頂いた7つの方法は、すべて自宅で簡単にできる方法です。

こう考えてみると、‘美’というのは、本当に毎日の小さな積み重ねなんだとしみじみ感じます。

小さな積み重ねを、今日から始めてみませんか?

スポンサーリンク

 

タグ :  

しわ・たるみ エクササイズ エクササイズ マッサージ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: