美肌 スキンケア

美マイル

敏感肌にお勧め!正しい化粧水からメイクまでの正しい5つの知識

敏感肌にお勧め!正しい化粧水からメイクまでの正しい5つの知識

 

敏感肌一言で言ってもその症状はさまざまですね。肌がガサガサしてしまったり赤くなってしまったり、ひどい時は粉っぽい状態にまでなってしまいます。

そんな時にメイクをすると仕上がりは悲惨なものが想像できますね。しかしながら社会人としてのエチケットとしてメイクは欠かせないものです。そこで敏感肌こその化粧水からメイクまでのあれこれをご紹介したいと思います。

まず、敏感肌とは肌の内側まで乾燥しさらに肌のバリア機能がこわれ、外部からの刺激に弱くなっている状態でおこる、化粧水などのスキンケア製品がしみたり、肌に何か触れるだけで赤くなる、ピリピリするなどデリケートになった肌の状態を言います。

敏感肌の原因は、花粉症などのアレルギー体質であること・栄養不足・睡眠不足・ストレスなどと言われています。他にも間違ったスキンケアの方法でさらに敏感肌を悪化させている方も少なくはないそうです。自分の肌に合った方法でスキンケアを行い、メイクを綺麗に仕上げたいものですね。

 

スポンサーリンク

 

 

1,プレ化粧水を使いましょう!

 

プレ化粧水ってご存知ですか?ここ数年少し話題になっているので名前だけ知っているという方も多いかもしれません。

プレ化粧水とは化粧水の前に付けるもので、例えば洗顔後の肌は乾燥がすぐに始まってしまいますが肌には油分もあるのでただただ化粧水をつけても浸透せずはじかれてしまう美容成分もあります。

そこでプレ化粧水を使うと、洗顔後の肌を整えその後に使用するスキンケア製品の美容成分が奥まで浸透するようにルートを作ってくれるんです。

化粧水と同じ軽い付け心地で化粧水前に付けるだけなので是非取り入れたいものです。ただし拭き取りタイプなどのものは敏感肌の方には刺激が強すぎるのでお勧めしません。

 

2,化粧水でしっかり保湿

 

スキンケアのファーストステップの化粧水ですが、敏感肌の方の化粧水の選び方って本当に難しいですよね。

ひどい場合はしみたりかゆくなったり皮がむけてしまうことだってあります。

必ず始めて使うものや以前使ったことはあるが久しぶりに使うものはパッチテストを行ってから顔につけるようにしましょう。パッチテストをする場所はあごの下など目だたない顔に近いところがいいですね。

パッチテストで問題がなかったら指で少しずつ肌にのせてみてもししみたり異常があったら即中止しましょう。肌に合う化粧水が見つからない期間や、肌荒れがひどい時はスクワラン(深海鮫の肝臓から採れる肝油の主成分のオイル)やバーユ(人の皮脂に極めて近い成分を持つ、馬の尾のつけね・馬のたてがみ・皮下脂肪からとれる油分)などの天然由来のオイルを代用するのもいいですね。化粧水は長年使っていても突然肌に合わなくなることもあるので化粧水をつけた後の肌は注意して見ておくことがお勧めです。

 

3,美容液で栄養を補う

 

プレ化粧水や化粧水で肌を整えた後は美容液でしっかり栄養も補いたいですね。化粧水は主に水分の補給を目的としその水分も保持する効果はさほど期待できるものではないようです。

美容液で栄養を補充すると、肌のダメージ回復・健康的な素肌へ導いてくれます。特に敏感肌には保湿が重要なので、美容液を使って化粧水で補給した水分をしっかり保持しましょう。保水力に優れているヒアルロン酸成分配合の美容液ならその効果に期待ができますね。

 

4,クリームは必須です。

 

敏感肌の方は、肌に油分が少ない方が多いので必ずスキンケアの最後にはクリームを使うのをお勧めします。

少し油分が多めのクリームを塗ることでスキンケア成分がたっぷり補充されている肌に膜をはり外部の刺激から肌を守ってくれます。

さらに水分の蒸発しやすい敏感肌の感想を防いでくれます。しかしながら石油系の成分が含まれているクリームは敏感肌には刺激が強すぎるので避けましょう。

セラミド配合のものなどを選択するとより効果が高いと思います。肌あれが気になる時は、夜のスキンケアの際に肌全体に伸ばしたクリームが肌になじんだ後に、再度気になる部分に少したっぷりめのクリームをのせ数分置いた後、そのクリームを顔全体に伸ばし余分なものをやさしくティッシュでオフしましょう。

 

5,敏感肌のメイクテク

 

特に肌が敏感な時はできるだけ重ねる方法のメイクは避けたいものですね。しかしエチケットとしてメイクは必要なので簡単な方法をご紹介します。まずスキンケアはできる限りきっちり行い、ベース作りを行いましょう。ベースには必ず低刺激の紫外線対策を取り入れましょう。通勤・買い物であればSPF10~20 PA+、それより長く日光を浴びる場合はSPF15~30 PA++、屋外レジャーなどの場合はSPF30~50 PA++が目安です。

肌荒れの状態でたくさん重ねれば重ねるほどよれてしまうのでベースのあとはお粉で仕上げます。アイカラーやチークはパールや細かいラメの入ったベージュ系でベースを作ると荒れた肌が目立ちません。オレンジベージュ系リップチーク肌を健康に見せてくれるので取り入れたいですね。

 

いかがだったでしょうか?敏感肌の症状がひどい時は化粧水をつけていいかわからずさらに悪化させてしまうこともあります。その時々の肌の状態を察知し正しいスキンケアの知識で肌を落ち着かせメイクをすると、驚くほど仕上がりに差が出ます。毎日のことですがメイクがうまくできた日はテンションも上がりますよね。心地よく過ごすためにも敏感肌と上手く付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

 

タグ :  

美肌 敏感肌 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: