肌 つるつる

美マイル

肌がつるつるって素敵!知って得する7つのケア法

肌がつるつるって素敵!知って得する7つのケア法

 

 

いくつになってもつるつるしてハリがある肌ってすごく魅力的ですよね。

肌にキメや弾力があるとそれだけで肌年齢はマイナスになります。

そうです、肌がつるつるしていれば、見た目年齢を変えれるって事なんです。

見た目年齢って第一印象にも影響してくるから大事ですよね~。

ではでは、ここでは肌がつるつるになるケア方法をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

まずはキホンの洗顔を見直してみましょう

 

 

 

お肌をつるつるにするのに意外に重要なのが、実は洗顔方法なんです。

ここで質問です。毎日の洗顔方法は正しいですか

各メーカーによって用法や用量が違うので、一概には言えませんが

どんな洗顔にも共通する洗顔の注意点を教えちゃいます。

 

 

 

まずは意外に見落としがちな湯の温度。

洗顔はきちんとぬるま湯でしていますか?

ぬるま湯とは30度以上36度未満の事を言います。

冷たすぎても汚れが落ちないし

熱すぎても必要な油分まで落としてしまい乾燥の素になってしまいます。

 

 

そして、どんな洗顔料でも一日二回までの洗顔にしましょう。

それ以上洗顔をすると、汚れどころか油分まで落としてしまい

肌のバリア機能を低下させる原因になってしまいます。

特に乾燥が気になる人は、朝だけ洗顔フォームを使わずにぬるま湯で顔を洗う

ぬるま湯洗顔をおススメします。

 

 

 

化粧水は正しく使えていますか?

 

 

 

 

せっかく化粧水を使っていても、その使い方が間違っていては意味がありません。

コットンや手で化粧水をつけるのは

そのメーカーの基準もあるので、その説明書き通りに使用して下さい。

 

 

ただし、どのタイプにも共通してお肌つるつるになる化粧水のパッティングをご紹介します。

それは、コットンでも手でも優しくパッティングする事です。

一時期、TVCM等でパンパンと強くパッティングする映像が流れたりしましたが

そんな力強さは化粧水において必要ありません。

あくまでも優しく肌の奥へきちんと浸透するのが、お肌つるつるになる秘訣なのです。

そして、十分にパッティングした後は、両手の平で優しく顔を包み化粧水を顔全体になじませるようにしましょう。

 

 

 

 

まさか乳液を省いてないですよね?

 

 

 

乳液は何かと嫌われがちですが、まさか省いたりしてないですよね?

乳液は言わずと知れた肌に必要な油分を補うもの。

化粧水で水分補給をして、乳液で油分を補う事によって肌のバリア機能を高め

お肌をつるつるにするのです。だから、乳液を省くなんてありえません!

特に、夜のスキンケア時に乳液を省くのは止めて下さい。

肌のターンオーバー(新陳代謝)が行われる前にきちんと

水分と油分のバランスを整えて、寝ている間にお肌がつるつるになるようにしておきましょう。

 

 

べたべたするから乳液は嫌だな~なんて事、許されるのは20代前半...

いえいえ、10代までです。どうしても乳液が苦手な人は、さっぱりタイプの乳液を使う

湿系の浸透力が早い乳液を使うと、べたべたもさほど気になりません。

見た目年齢をマイナスにしてお肌をつるつるにするには

乳液の存在が欠かせないのです。

 

 

 

 

エステに行かなくてもお肌つるつるになるんです

 

 

 

エステに行って、フェイシャルエステなんてホント贅沢な時間ですよね~。

それが毎月出来るなら、それに越した事はありません。

ですが、仕事に育児に忙しくてエステに行く時間なんて無い!!

なんて人がほとんどじゃないでしょうか?でも、自分でだってお肌つるつるになる方法はあるんです。

それは、セルフマッサージです。

 

 

 

自分でマッサージなんて、何だか面倒だし難しそう...

なんて構える事はありません。

マッサージクリームとホットタオルさえあれば簡単に出来ちゃいます。

その際、少々お高い一万円ぐらいのマッサージクリームを使用すると、よりお肌がつるつるになりますよ。エステに毎月行くことを思えば、まだましですよね。

 

 

 

マッサージは各メーカーの説明書き通りに進めていきますが

マッサージ後にするホットタオルの準備方法を教えちゃいます。

まずは、マッサージをする前に水に濡らした

フェイスタオルをラップに包んで用意しておきます。

そして、マッサージをした後に電子レンジの中へあらかじめ用意しておいたタオルを入れます。

 

 

600Wなら1分ほどチンすればホットタオルの完成です。

後は、タオルを広げて自分が熱すぎない程度に熱を逃がしたら

それを顔に乗せて両手の平で優しく押さえます。

その際、目元や鼻の辺を押さえるのを忘れないで下さい。

そして、マッサージクリームをふき取るような感じで、顔全体をふき取ったらホットタオルは終了です。

終了後はすぐに化粧水や乳液をつけて肌の潤いを閉じ込めましょう。

 

 

 

《肌ケア関連記事紹介》

 

乾燥肌改善でつるつる美肌へ

 

モテ女子の条件☆つるつる肌になる方法

 

 

 

 

まとめ

 

普段何気なくしているスキンケアに、実はお肌つるつるになる秘訣が隠されているんです。

毎日きちんとスキンケアしていても、使い方が間違っていては意味がありません。

今一度自分のスキンケア方法を確認して、お肌つるつるを目指してみましょう。

自分の肌がつるつるになるのを実感するって、ホントに嬉しいですよね。

 

 

1.基本の洗顔

2.化粧水

3.乳液

4.セルフマッサージ

 

 

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

化粧品 美肌 美肌 美肌のスキンケア 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: