美肌 スキンケア

美マイル

肌のお手入れ方法で美肌に近道!知っておきたい5つの知識

肌のお手入れ方法で美肌に近道!知っておきたい5つの知識

美肌を目指すならやっぱり高級化粧品が一番!なんて思っている方は、とっても損をしています。

一番手軽に美肌を手に入れられる方法は、毎日のお手入れをしっかりと行うことです。

それぞれのスキンケア用品を正しく使うことで、どんな肌悩みも解決できるんですよ。

今回は、自宅で誰でもすぐにできる、効果的なそれぞれのスキンケアアイテムの使い方をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

 

1   クレンジングで肌トラブルのない肌に!

 

クレンジングが必要な理由をご存知ですか?

一般的なメイク用品には、たくさんの油分が含まれています。それらは残念ながら石鹸だけではキレイに落とすことができません。

クレンジングには、油分と水と油を乳化させる作用のある界面活性剤が含まれています。

油分は、メイクと馴染み浮き上がらせる働きをし、それらを肌に残さず洗い流すために界面活性剤が使われています。

最近では、オイルタイプやクリームタイプなどがありますが、この二つの成分の水や油分、界面活性剤の配合率を変えて作られています。

 

では、どんなクレンジングを選ぶとよいのでしょうか?

まずは自分のメイクの濃さに合わせて選ぶとよいでしょう。

メイクをしっかりと落とす力がある順番は、オイルタイプ→クリームタイプ→ジェルタイプとなります。

ただし、落とす力が強いほど、肌に刺激や負担を与えてしまうので、メイクが薄い時には、弱いタイプのものを使うなど配慮しましょう。

 

しっかりと毛穴の奥からメイクを落としたいからと、ゴシゴシと力をいれて何回もこすると摩擦により肌を傷つけてしまうので、注意してくださいね。

また、時間をかけすぎると、肌の潤いまで取りすぎてしまいます。

 

洗い流す際に熱いお湯を使うと乾燥を招いてしまったり、逆に水が冷た過ぎると皮脂が固まって汚れが落ちにくくなるので、ぬるま湯を使うようにしましょう。

 

 

2  洗顔で美容成分の浸透をスムーズにする肌を作る!

 

顔は体のように洋服に覆われていないため、排気ガスやホコリなど空気中の汚れにいつもさらされている状態にあり、さらに汗や皮脂の汚れもそこへ加わります。

これは、雑菌が繁殖しやすい環境になり、ニキビや肌アレの原因になります。

 

クレンジングでそれらも落ないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、クレンジングはメイクなどの油分を落とすためのもので、水性の汚れは落ちにくいのです。

 

では、どんな洗顔料が肌をキレイにするのでしょうか?

最近では、潤い成分や美容成分を含んだしっとりタイプのものが多くありますが、洗い流した時に、実はそれらの成分も一緒に洗い流されてしまいます。

また、洗い上がりがしっとりしていても油分が肌に残っているだけなので、ニキビができやすい環境を作り出してしまうことに繋がります。それに美容液などが浸透がしずらい状態にもなります。

 

洗顔料で一番おすすめなのは、シンプルでしっかりと汚れを落とせる石鹸です。

石鹸は、肌に残ってしまう油分を含んでいないため、汚れをさっぱりと落とすことができ、化粧水や美容液が浸透しやすい肌にします。

 

 

3  化粧水は美容成分の潤滑油!

 

化粧水さえしておけば、肌はしっかりと潤う!という勘違いをしていませんか?

実は化粧水だけでは十分な水分補給はできないのです。

では、化粧水はなぜ必要なのでしょうか?

化粧水は次につけていく美容液や乳液、クリームなどの浸透をスムーズにする役割があるのです。

 

化粧水でも美容効果を求めたいという方には、水に配合した方が安定的な効果を発揮するビタミンC誘導体を使ったものです。

ビタミンC誘導体は、美白、毛穴の引き締めなどに高い効果があります。

 

コットンに含ませて化粧水を使う人もいますが、コットンを肌にのせる度に摩擦が起こり角質層を傷つけてしまうことがあり、その傷が原因で肌の潤いが蒸発しやすい状態になってしまいます。

化粧水をつけるときは、手のひら全体で顔を覆うようにゆっくりと染みこませていくとよいでしょう。

肌に刺激を与えないことが美肌への近道です。

 

 

4   スキンケアのメインディッシュの美容液は毎日使うことで、美肌力アップ!

 

美容液は毎日使うことで美肌維持ができるだけでなく、若返り効果まで発揮してくれる強い味方です。

スキンケアのメインディッシュといっても過言ではありません。

 

ジェル状のものや、クリームのようにこってり感があるもの、さらさらとした質感のものなど様々な美容液がある中、どのように選ぶと良いのでしょうか?

 

まず大切なのは配合されている成分を確認することです。

保湿やホワイトニング、アンチエイジンを目的としたものなど、色々な種類のものがあるので、自分のなりたい肌、改善したい悩みに合わせて選びましょう。

 

また、美容液は季節ごとに変える必要はなく、乾燥が気になる冬は量を多めに、夏は少なめにと量を調整をすれば良いでしょう。

 

気になる顔の一部分しか塗らないという方もいますが、顔全体に使うことで、肌悩みの予防に繋がりますよ。

 

 

5   乳液、クリームで乾燥に負けない潤うる肌を実現!

 

乳液クリームを使う最大の理由は、油分を補う点にあります。

乾燥が気になる場所だけの部分使いではなく、顔全体に使うことで、肌をなめらかで柔らかくします。

外からの刺激にも負けない強さと、潤いを閉じ込める働きなど、お肌のガードをする役目を果たしてくれます。

 

 

 

 

5つの知識のまとめ

 

1 クレンジングで肌トラブルのない肌に!

2 洗顔で美容成分の浸透をスムーズにする肌を作る!

3 化粧水は美容成分の潤滑油!

4 スキンケアのメインディッシュの美容液は毎日使うことで、美肌力アップ!

5 乳液、クリームで乾燥に負けない潤うる肌を実現!

 

を実践することで、費用をかけなくても、健やかでキラキラ輝く美肌が手に入ります!

スポンサーリンク

 

タグ :  

化粧品 基礎化粧品 美肌 美肌 美肌のスキンケア 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: