美肌 スキンケア

美マイル

まぶたのたるみは老け顔の原因!たるみをなくす6つの解消方法

まぶたのたるみは老け顔の原因!たるみをなくす6つの解消方法

 

まぶたがたるむと「+5歳顔」になるといわれるほど顔の印象を変えてしまうものです。

例えば、ちょっと意地の悪そうなブルドッグを思い浮かべてください。
とても印象が悪く思えるのは、顔全体ではなく目を覆うまぶた、特にそのたるみ具合です。
毎日鏡を見てるのに、顔の変化に気づくのはある日突然で、後悔したところでそのほとんどは予防で対処することができたはずなのです。

スポンサーリンク

 

1.食生活から見直すための5つのチェック

 

以下の5つのチェック項目を用意しました。
「あれ、まぶたのたるみの話ではないの?」と思ったアナタ、まぶただって顔の一部、そして体を覆う皮膚の一部だということを忘れていませんか。人間の皮膚は、体全体を覆う一枚の皮なのです。たるむのはまぶたのような一部だけではなく、あらゆるところがたるんでいる可能性が高いのです。

・塩分の多い食事 ・水分の一気摂取
・腎機能の低下   ・水分の排出が少ない  ・体がむくんでいる

水分や塩分の過剰摂取、腎機能の低下、健康診断などで急性腎炎の疑いが出たなど、実は内臓に影響が出ていることが多いのです。

体に水分がたまり、むくむ。当然、他の部分もむくみます。
特に、まぶたのような皮膚薄い場所なら尚更、余分な水分が溜まりやすくなります。
泣いた日の翌朝に起きる「腫れあがったまぶた」現象は、余分な水分がまぶたに滞留しているためです。内臓機能の低下によるむくみが原因で、まぶたが腫れたりたるむことがあるのです。

2.10秒間、まぶたのツボを押してみる

 
まぶたのツボ押し、実は毎日やっている方も少なくありません。
お風呂で湯船に入る時、思わず声を上げて手で顔を覆い、指でまぶたをグリグリと押していることがありませんか。そこ、まぶたのたるみを解消するツボなのです。
無意識にやっているのでしょうが、これが意外と気持ちがイイです。
意識していないとはいえ、これも5秒程度なのではないでしょうか。
それをもう少し長く、10秒程度やってみましょう。

3.ホットタオルと釣り目マッサージ

 
まぶたのたるみの原因のひとつに、まぶたの皮膚がとても薄いことがあげられます。
構造を考えてみると、まぶたはよくできているなと感心するくらいですが、薄い皮膚が起用に折りたたまれ、眼球のくぼみに収納されます。

 

 

毎日、5万回ともいわれている瞬きをしながら80年近く過ごすためにはケアは必須です。
定期的にホットタオルでまぶたをリラックスさせながら血流をよくしましょう。
その上で、顔全体のリンパマッサージをほどこし、仕事のストレスでこわばった筋肉をほぐしてから、目尻をこめかみの上の方に持ち上げるように「釣り目」にします。
常に下を向きがちなまぶたを引っ張り上げ、脂肪やむくみが滞留するのを防ぎます。
顔全体からむくみやたるみの原因を取り除くのです。

4.まぶた専用「アイクリーム」を使おう

 
まぶた以外のクリームやジェルではなく、まぶた専用のクリームを使ったことはありますか?
意外と多くの方が実行していないアイクリームですが、ぞんざいにするなかれ、たるみ始めたまぶたにはダメージによる栄養不足状態には不可欠なのです。
その証拠に、まぶたをよく見てください。シミができていませんか?

 

 

ただし、洗顔の際に強くこすっては柔らかい皮膚のまぶたにダメージを与えて真っ赤になってしまいますから、まずは優しく洗顔の上でアイクリームを使用しましょう。
たるみを押さえ、ハリのある目元に近づきます。

 

5.前頭筋(ぜんとうきん)を鍛える

 
前頭筋(ぜんとうきん)をご存知ですか?眉毛の上、額のあたりなのですがここを前頭筋といいます。
加齢で顔の筋肉が衰えてくると、全体的にダブついて下がってきますが、特に前頭筋が衰えてくると額の脂肪が目に下がってきます。皮膚が薄く、弱いまぶたはそのダブついた脂肪が行き着くのにうってつけです。

 

 

指2~3本でまぶたの上を軽く押さえ、額や眉間を寄せたり上げたりを繰り返しましょう。
押さえた指が筋肉の振動を感じるかと思いますが、こまめに繰り返すだけでも顔のコリや血行の悪さを解消します。

6.頭痛や肩こりなどの慢性疲労を解消する

 
目の刺激が強すぎて頭痛を起こす方がいらっしゃいますが、日々の生活で目が受ける影響はとても多く、慢性的な眼精疲労です。目からくる疲労のせいで、まぶたにケイレンを起こしたり、血行不良でまぶたがむくむこともあります。
顔も頭皮も背中の皮膚も、まぶたとつながっているのです。たるんだり、むくんだりするということは、別のどこかの部位で無理があったり、血行不良や老廃物が溜まったりしている証拠です。
特にパソコン作業が多い方は、肩こりが激しいのではないでしょうか。

 

 

定期的に体を動かすなどをして、慢性疲労や頭痛の元を取り除きましょう。
そのしわ寄せは、いずれまぶたのたるみに繋がります。

 

まとめ

 

 

今回は6つのポイントに分けで、まぶたのたるみの解消方法を考えてみました。
意外と、いつも無意識にやってたということもあるかもしれません。体は自然とツボや解消法を知っている、ということでしょうか。しかし、裏を返せばそれだけ肉体的な負担が、いずれもっとも弱いところに現われてくるということです。

 

そしてそれを実感した時、一気に老けたような印象になるのです。

日頃のケアとチェックを怠ることなく、目元のアップをしていきましょう。

スポンサーリンク


 

タグ :  

しわ・たるみ しわ・たるみ たるみ エクササイズ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: