美肌 スキンケア

美マイル

睡眠サプリと良質な睡眠に効く5つの方法できらめき美肌をGET

睡眠サプリと良質な睡眠に効く5つの方法できらめき美肌をGET!

 

皆さん、毎晩ぐすっり眠れていますか

現代人は、不規則な生活とストレスが原因で、「なかなか寝付けない」「夜中に何度も起きる」「起きるのがつらい」などという

悩みを抱えている人が大変多くいるそうです。

そのような症状に悩み、病院へ行くとすぐに「睡眠薬」を処方されるパターンが多いのですが・・・

睡眠薬ってちょっと抵抗ありませんか?

癖になってしまったら嫌だなぁという気持ちと、飲むとどうなってしまうのだろうという不安があると思います。

では、睡眠薬よりも、もっと気軽に試すことができるサプリメントではいかがでしょう?

良質な睡眠は、皆さんの身体の健康、心のリフレッシュなど心身のバランスを取るのには欠かせません。

そこで今回は「睡眠サプリ」とはどんなものなのか?と、加えて、良質な睡眠にあなたを導く7つの方法をお教えしましょう。

スポンサーリンク

 

<自分に合う睡眠サプリを選びましょう>

 

睡眠サプリとは、睡眠薬とは違います。睡眠薬は、薬の成分によって半ば強制的に眠らせるものであり、医師の処方のもとで服用するものです。

睡眠サプリは、良質な睡眠に効果のある成分が含まれたサプリメントであり、効果には個人差もありますし、薬ではありませんので

誰でも気軽に試すことができます。

睡眠に効果のある成分として、トマト酢・ギャバ・バレリアン・メラトニンなどがあります。

血流を良くする効果のあるものや、リラックス効果のあるものなど、成分によって効能に違いがありますので

自分に合ったサプリメントをきちんと探すべきだと思います。あくまでも、サプリメントは睡眠を促すものですので、睡眠薬とは役割が違うのです。

 

では、次はサプリメント以外の「良質な睡眠へ導く方法」をご紹介しましょう!

 

<1、部屋を暗くする>

 

部屋を暗くすることは、睡眠を促すことにとても効果的です。

明るい部屋で横になっているよりも、薄暗い部屋で横になっている方がリラックスできますよね。

目を閉じていても、脳は明るさを感知するので、「まだ休んじゃいけない!」と脳がなかなか休まらないのです。

ですから、寝る数時間前から、脳を休めるモードに突入させるためにも、部屋の照明は落としましょう。

 

<2、~ながら寝を卒業する>

 

テレビを見ながら~、何かを食べながら~、照明をつけながら~、携帯をいぢりながら~などのような、「~ながら寝」はやめましょう!

脳がきちんと寝る準備をしていないので、俗に言う「うたた寝」状態になっています。

ですから、このような睡眠をとっている人の多くが、自分では寝ていると思っていても、実際には脳が休めていない「隠れ不眠」になっているケースが多いです。

このような人は、熟睡した気にならない・翌朝すっきりと目覚められないなどの症状がある方が多いようです。

 

<3、リラックス方法を見つける>

 

寝よう!と思えば思うほど、寝れなくなってくるのが人間です。リラックスして、自然と眠くなる時を待ちましょう。

部屋を薄暗くして、目を閉じて好きな音楽を聞いてみてはいかがですか?

アロマをたいて、ハーブティーを飲んでみるのは?どんな方法でもよいので、「寝る前の儀式」を定着させておくと良いかもしれません。

寝る前のホットミルクは身体がぽかぽかあったまってくると、自然と眠くなってきます。

 

<4、自分の生活リズムを見つける>

 

お仕事によって、日中働く人、夜中に働く人、毎日勤務時間が違う人などさまざまだと思います。

ですが、自分の生活サイクルはどんな状況であっても、毎日同じリズムで生活するのが良いと思います。

決まった時間に光を浴びて、食事をして、入浴してというように、ごく当たり前のことですが

これが良質の睡眠に大きな影響を与えるのです。

 

<5、自分の体に合った寝具を選ぶ>

 

私たちは睡眠に、1日の3分の1もの時間を費やしています。

ずっと同じ場所で寝ているわけですから、「寝具」はものすごく重要です。

腰が痛くなったり、何度も寝返りをしてしまうようなベッドは、あなたに合っていない証拠です。

仰向けに寝たときに、身体が沈み過ぎないような適度に硬いベッドがよいとされています。

 

<6、ストレスを溜めない>

 

ストレスがあると、なかなか寝付けなかったり、それが続くと不眠症を引き起こしたりします。

ストレスを減らすことで、副交感神経が働きリラックスできる状態を作り出してくれるので、質の良い睡眠が取れるのです。

また良質な睡眠をとることで、ストレスが軽減するとのデータもありますので、互いに良い効果を引き出すのですね~。

 

<7、自分にとって最良な睡眠時間を探す>

 

人それぞれ、自分に合った睡眠の時間があると思います。4時間しか寝なくても平気な人や、8時間寝ないと頭が働かない人など

実にさまざまです。よく日曜日にたくさん寝たはずなのに、身体はだるい・・・なんて人がいると思います。

そう、睡眠時間は長ければいいというものではありません!量より質なのです。

 

まとめ

 

1、部屋を暗くする

2、~ながら寝を卒業する

3、リラックス方法を見つける

4、自分の生活リズムを見つける

5、自分の体に合った寝具を選ぶ

6、ストレスを溜めない

7、自分にとって最良な睡眠時間を探す

 

今回は、良質な睡眠に効果的な7つの方法をご紹介しましたが、睡眠サプリを使用するとより一層の効果が得られるといいます。

もちろん個人差はあるかと思いますが、サプリは中毒性がありませんので

自分の体調に合わせて気軽に使用することができます。

まだ使ったことがない方は、一度自分にはどんなサプリが合うのかお調べになってはいかがでしょうか?

皆さんが、今晩もゆっくり寝られますように・・・♪

スポンサーリンク

 

タグ :  

体質改善 体質改善 睡眠 美肌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: