表情筋トレーニング

美マイル

表情筋トレーニングで毎日笑顔!素敵な毎日を過ごす7つの方法

表情筋トレーニングで毎日笑顔!素敵な毎日を過ごす7つの方法

 

 

 

人の顔には実に様々な筋肉があります。

体の筋肉のように、骨と骨をつなぐ役割とは違い、骨と皮膚に繋がっている顔の筋肉は、この仕組みの違いにより、複雑な表情を作り出せるのです。

表情が豊かな人は一緒にいて楽しくなります。一方、表情が乏しければ、何を考えているのか、不機嫌なのか、相手に心が伝わりません。

表情筋は腹筋のように、鍛える事が出来ます。筋肉が動くと言う事はそれだけ、脂肪細胞も刺激されます。

小顔効果も期待できるという訳です。では、表情筋についてもっと調べてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

1.表情筋トレーニングで笑顔力もアップ

 

 

人は見た目が9割というベストセラーがあるように、人は見た目にとても左右されます。

赤ちゃんの時に、とてもかわいく魅力的な笑顔をしていた人も、年齢が上がるにつれて、顔のハリやシワ、たるみが出来て老けていきます。

これは年齢のせいなので、仕方がないのでしょうか?

 

 

 

では、あなたの周りの生き生きとして元気な魅力的な女性を想像して下さい。笑顔が素敵な女性ではありませんか?

表情筋は使わないと、どんどん衰えて老けた、疲れた表情になってしまいます。

 

 

 

通常の人で、普段の生活では全体の30%しか顔の筋肉は使われていません。無表情では使われる筋肉は減ってしまい、老け顔になります。

笑顔でいるだけで、表情筋を使っているので、顔の血行がよくなります。

 

 

血液やリンパの流れが良くなれば、顔がスッキリとしてきます。

笑顔が素敵な女性は、若々しく、自分に自信がもてます。あなたも、笑顔力をあげて女子力もアップさせてみませんか?

 

 

 

 

2.笑顔が素敵な女性はストレス知らず!

 

 

 

サービス業の人の笑顔は今や標準装備になっているくらいですが、笑顔の店員さんと出会うだけで、また行きたいと思ってしまいませんか?

無表情の店員さんよりも、笑顔が素敵な店員さんの方が好感がもてて、自分の気持ちまで明るくなるように感じませんか?

 

 

 

笑顔の連鎖はプラスのスパイラルで周りに広がります。

 

笑うと免疫力がアップして、ガン予防になるという話もあるくらい笑顔は私たちの健康と密接な関係にあるのです。

笑顔でいると、副交感神経を活発化させて、リラックスした状態になります。仕事でなかなか笑顔になるチャンスがない人は口角を上げるだけで、脳は「今楽しい」と判断し、リラックスし、疲労感を取り除いてくれます。

そして、顔を引き締める効果もあるので、顔のエクササイズになり、免疫力も向上します。

 

 

 

ストレス社会と言われる現代において、笑顔でいるだけで、人間関係も円満になり、体は健康になるのであれば、その効果を実践してみたいと思いませんか?

 

 

 

 

3.前頭筋(ぜんとうきん)を鍛えよう

 

 

 

 

前頭筋は眉毛の上から頭のてっぺんまで縦に伸びている筋肉です。額にシワを作る働きや、眉毛を上に持ち上げる動きで、顔の表情の重要なポイントになります。この筋肉が過緊張すると緊張型頭痛となります。

 

鏡で顔を見た時、女性で額にシワが出てきた!眉間のシワできた!となるとショックを受けませんか?そのシワだけで老けて見え、表情が怖いとうけ取られてしまいます。

 

 

 

保湿や化粧品の効果も期待できる物はありますが、シワは基本的に皮膚のたるみによるものです。

お風呂など血行が良い状態でマッサージをして下さい。後頭部から、やさしくツボを押すようなイメージです。その後は、目を思いっきり開いて、上を向きます。

そして、舌を出しましょう。ちょっとあやしい顔になりますが、できるだけキープして下さい。デスクワークなどの表情があまり変わらない仕事の人は、ぜひ行ってください。

 

 

 

 

4.眼輪筋(がんりんきん)を鍛えよう

 

 

 

 

仕事が忙しくて目の下にクマが出来た事はありますか?

最近目が小さく見える、目じりにシワが出来たらこの眼輪筋が弱っているのかもしれません。

 

 

この筋肉は眼を外界から守り、眼の表面に酸素や栄養分を送る重要な涙を目に補充したりしています。

パソコンをじっと見つめる作業の人は特に、このエクササイズは必要です。

 

 

まず、人差し指で目じりの上を抑えて引っ張ったまま目を閉じます。5秒間、左右2~3回行います。そして次に人差し指で目じりの下を抑えて引き下げます。こちらも5秒間、左右2~3回行います。

ぜひ、一日数回行ってください。目疲れやドライアイの予防にもつながります。

 

 

 

 

5.頬筋(きょうきん)を鍛えよう

 

 

 

 

最近ほうれい線が目立ってきた・・・と深刻な顔をして悩んでいませんか?

それはこの頬の筋肉が衰えている原因です。

 

食事の際は良く噛んで食べる、おしゃべりの時は口を良く動かす事を少し意識するだけで、とても変わります。

効果的なエクササイズは口をすぼめます。舌で頬を押して、ほうれい線を伸ばしてあげましょう。

 

 

それだけで、頬の血流がよくなります。口の中で、舌をくるくると回転させ、右に3回転、左に3回転行ってください。お風呂に入っている時やテレビを見ながらでも出来る簡単なものなので、ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

6.口輪筋(こうりんきん)を鍛えよう

 

 

 

 

キュッと上がった口角はとても好印象で、素敵に見えますね。口輪筋は唇の周りを囲むようにある筋肉で、口を動かす、重要な筋肉です。

発音が聞き取りにくい人は、この筋肉が弱っているかもしれません。

 

弱っていると唇の色やハリまで変わってしまうので、素敵な笑顔の為にも、エクササイズを行いましょう。

 

 

 

上唇を指で前方へ優しく引っ張りましょう。そして、下唇も同様にストレッチして下さい。

そして、「あいうえお」とはっきりした大きな声を出して下さい。

口笛もこうかてきです。そして、口角は常に上げておくように意識しましょう。

口臭や口呼吸の予防にもつながります。

 

 

 

7.頤筋(おとがいきん)を鍛えよう

 

 

 

 

頤筋はあごの先の筋肉です。

写真で見る自分の顔のラインがぼやけている感じがする事はありませんか?フェイスラインをスッキリさせるだけで、スマートな印象になりますよ。

顔を天井に向けて、舌をゆっくり出し、5秒間キープして下さい。これだけで、二重あごにも効きますから、小顔になり、顔の血行がよくなり、美肌効果も期待できます。

血流は老廃物をどんどん流して、新しい肌へと生まれ変わらせてくれます。

顔色が良くなるので、健康的な印象になります。

 

 

 

まとめ

 

 

 

表情筋の加齢による衰えはありますが、その衰えを、表情筋のトレーニングで緩やかにする事は出来ます。

そして、笑顔がもたらす健康効果はやってみる価値があります。

 

顔のたるみやシワで「マリオネット」のような表情になっていませんか。日頃の心がけで改善できるので、すこし、意識してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :  

しわ・たるみ エクササイズ 笑顔   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: