笑顔トレーニング

美マイル

笑顔トレーニングで誰からも「感じがいい」と思われる7つの方法

笑顔トレーニングで誰からも「感じがいい」と思われる7つの方法

 

 

日頃、友達と談笑したり家族と喋ったり仕事の同僚と雑談したりする時、あなたのその笑顔は本物ですか?作り笑いをしたりしていませんか?不自然な笑顔は相手にとって不快なだけでなく、自分自身も顔が引きつっているのを実感してしまうと、あれ?今ひきつった笑顔してた?と気になって、次から笑顔に自信が持てなくなってしまいます。

でも、ご存知でしたか?笑顔トレーニングで誰からも好かれる笑顔になれる事を。感じの良い笑顔が出来る人は、男女関係なく誰からも好かれるものです。

さあ、笑顔トレーニングをマスターして誰からも感じがいいと思われる笑顔になりましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

笑顔の効果は絶大です!

 

 

 

 

笑顔でいる事は素晴らしい!だから、笑顔のトレーニングをしましょう!とは言うものの、じゃあ笑顔でいる事はどう素晴らしく、どう良いのでしょう。

まず笑顔でいる事は、自分自身も好印象を相手に与えられます。良い笑顔のステキな人と、相手にインプットされればそれだけで評価アップですよね。

また、良い笑顔の人は声も掛けられやすく話しやすい印象なので、交友関係も広がります。職場でも家庭でも感じのいい笑顔の人が傍にいるだけで、その場が和み周りの人を嬉しい気持ちにしてくれます。

 

 

 

それだけではありません。感じのいい笑顔でいられる時というのは、ストレスフリーでいられるという事です。ストレスを感じずいられるという事は、大人ニキビ等の出現も防げるので、笑顔でいられる事は美肌へも繋がっているのです。

 

 

 

歯を見せて笑えていますか?

 

 

 

実は、感じのいい笑顔とは歯を見せて笑えているかという事で決まります。特に、上の前歯が見えているかがポイントになってきます。その際、歯茎まで見せる必要はありませんが、上の前歯が見えていれば自然と口角が上がっているので、感じのいい笑顔になるのです。

 

“ガハハ”と大きな口で笑うのは友達同士だと気持ちの良いものですが、感じのいい笑顔とは少し違うので、誰からも感じがいい笑顔を目指す場合には、上の前歯が6~8本見える程度の口の開き方にしましょう。

この時、下の歯が見えてしまうのは感じのいい笑顔にとってはマイナスポイントになってしまうので、上の前歯が見えるようにしましょう。

 

特に、接客業やサービス業、受付業務や営業等を担当する方は笑顔を相手に見せる際、下の歯も見えていないかチェックしてみましょう。

 

 

 

口角も意識して上げましょう

 

 

 

上の前歯を見せて笑う事が出来れば、口角も自然に上がると前述でご紹介しましたが、ここでは日頃のトレーニングで口角が上がる方法をご紹介しましょう。

まずは、ウォーミングアップとして両方の人差指と中指で左右の口角をほぐしましょう。その際、必要以上に力を掛け過ぎると肌へ負担をかけてしまうので、ぐいぐいせずに自分が心地良いと思う強さでほぐして下さい。

一分間ぐらい優しく口角付近の表情筋をほぐした後は、割りばしを使って笑顔のトレーニングをしましょう。

 

 

 

割りばしを横にして軽くくわえたら、口角が割りばしより上になっているかを鏡で確認しましょう。そして、口角が割りばしより上になった状態を指で30秒キープします。その後、割りばしを抜いて口角が上がっている状態がベストスマイルです。忘れないように鏡で確認して、自分の口角の上がり具合をチェックしましょう。

 

 

 

眉の動きも感じがいい笑顔には欠かせません。

 

 

 

眉も人の表情を作る上で欠かせないパーツです。イヤなことや不快な事があると眉間にしわが寄ったり、悲しい事があると眉が下がったりと、眉も感じがいい笑顔に見せる役目を担っています。

普段眉を意識的にトレーニングする事は少ないかと思いますが、日頃から動かすようにして表情豊かな笑顔美人になりましょう。

 

 

 

その方法はとっても簡単。使う道具は、口角トレーニングと同じ割りばしを使ったトレーニングです。

洗面台などの鏡の前に立ち、眉の下に割りばしをセットします。

眉の高さを確認し、眉間にしわが寄ってないかも注意します。そして、目を見開いて力いっぱい眉をアップダウンします。これを30秒1セットとし、1日2セットを目安に行って下さい。

 

 

 

眉の筋肉が柔らかいと表情も豊かに見えるので、感じがいい笑顔と相手に印象付けることが出来ます。

 

 

 

目もすっきり、ぱっちりさせましょう!

 

 

 

睡眠不足のような疲れた目よりも、すっきりぱっちりの目元の方が好印象な笑顔になります。なので、日頃から目もすっきりぱっちり見えるようにトレーニングしましょう。

まず片目をつむりもう片方は大きく見開きます。これを交互に10回ずつを1セットとし2セット行います。最後は、両目を大きく見開いた後、ギュッと固く閉じます。

 

 

 

方法はシンプルで割りばし等の道具も使わない分、手軽にできるかもしれません。クレンジングや洗顔等のスキンケア時に出来るので、意識して目のトレーニングをしましょう。

フェイスマッサージの時等に目元のツボを押したり、優しくマッサージしたりするのも目元すっきりとぱっちりには効果的なので、試してみて下さい。

 

笑顔関連記事紹介

 

あなたは「いい笑顔」「損な笑顔」?

 

ほうれい線のないモテ笑顔になろう!

 

まとめ

 

 

 

 

1.笑顔の効果は絶大!

2.歯を見せて?

3.口角も意識

4.眉の動きも笑顔には欠かせない

5.目もすっきり、ぱっちり

 

 

一つ一つの笑顔トレーニングはさほど難しくはありません。慣れてしまえば鏡の前に立って簡単にできるものばかりです。

上の前歯を6~8本見せて笑う練習と、口角を割りばしで上げる練習、それと眉を意識して上げるトレーニング、最後に、目を大きく見開いたり閉じたりして目元をすっきりぱっちり見せるトレーニングをマスターして、誰からも「感じがいい」と言われる笑顔になるように心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :  

おすすめ エクササイズ 笑顔 美肌 美肌生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: