美肌 スキンケア

美マイル

9割の人が笑顔でソンしている!? 「いい笑顔」「ソンな笑顔」

9割の人が笑顔でソンしている!? 「いい笑顔」「ソンな笑顔」

 

皆さんは自分の笑顔を見たことがありますか?鏡の前に立ってみて、笑顔をつくる。このときには自分で確認しているので、いつもよりもいい笑顔になっていることが多いでしょう。

しかし人前で自然に作ってみると、案外自分の想像とは異なった笑顔であることがあります。

証拠に、自分の写真を見てみると「写りが悪い」と思ってしまうような笑顔をしている自分が写っていることはないでしょうか。

 

 

そこで今回は「いい笑顔」と「ソンな笑顔」はどう分けられるのか、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

1. 第一印象は「笑顔」で決まる!?


初対面の人に会って、お互いにまずは目を見て話しますよね。このとき第一印象はよく「顔」と言われます。

つまり「笑顔」です。初対面でニコニコ笑顔の人に会ったら誰だって感じがいいな、と思うでしょう。反対にぶすーっとした人やまったく表情を変えない人、作り笑顔をしている人を見ると、感じが悪い、とか自分と会うのがイヤなのかな、と思ってしまうに違いありません。

 

 

第一印象をよくするためには「いい笑顔」を作ることが大切なのです。

 

2. 「いい笑顔」「ソンな笑顔」の違いとは


写真写りが悪かったり、人から作り笑顔だと思われたりすると、それはたいてい「ソンな笑顔」をしているでしょう。では「いい笑顔」との差は、具体的にどこで見分けるのでしょうか。

 

 

一つ目は“目”です。ただの細い目は目つきが悪く思われてしまいます。三日月のように目頭と目尻が下がっており、真ん中部分がきゅっと上に上がっているとにこやかな笑顔に見えます。二つ目は“頬”です。

これは言わずとも分かりますが、頬が上がっているといい笑顔になります。このとき、左右どちらもしっかり上がっている状態でないと、美しい笑顔にはなりません。三つ目は“口元”です。

まず口角をあげると口元がきゅっと引き締まって見えるので、いい笑顔になります。もうひとつ、歯です。歯を上下ともしっかり見せることで、元気で明るい印象を持たれやすくなります。

 

 

最後に顔の表情が左右同じく見えるようにしましょう。左右少し違って見えると、なんだか意地悪な印象を与えてしまいます。共通して言えるのは、顔全体の筋肉を使って思いっきり笑うことで、「いい笑顔」に近づけるということです。

 

3. 普段から笑顔をよくするコツ


毎日鏡を見て笑顔を作る練習をしましょう。特に朝出かける前に鏡を見て、頬が上がっているか、口角が上がっているか、などを確かめましょう。実際に手で押さえてみて、いい笑顔のときの顔の感覚をつかんでおくと、人前に出て鏡を見なくても笑顔を作りやすいと思います。

 

 

またつらいことや悲しいことがあったときこそ、自分を励ますために笑うようにしましょう。つらいときにつらい顔をしていても、余計に気分が沈んでしまうだけです。

そのときはつらくても嫌なことを振り払うようにして、「次こそがんばろう」と笑って前を向くと、自然と力が湧いてくると思います。つらい時こそ笑顔、これを心がけてください。

こ4. 笑顔を作るトレーニング


普段から笑顔を作れるようにするためには、顔の筋肉を鍛える必要があります。ここでは表情筋のトレーニングについて説明します。

角をあげるトレーニング

口角を引き上げることで頬の位置を高くします。

1. 上下の歯を合わせ、口を「い」の形にして5秒キープする

2. 同じく口を「う」の形にして5秒キープする
これを10回繰り返します。

☆頬のトレーニング

頬の筋肉をほぐすことで、表情筋を柔らかくし自然な笑顔をつくれるようにします。

1. 口を大きく開いて「あ」の形にして5秒キープする。

2. 同じく「う」「お」の形にして5秒キープする。

これを10回繰り返します。


どちらも簡単なトレーニングですので、なにか別のことをしながら隙間時間に取り組むようにしましょう。大体どちらも1日2回以上やるといいと思います。大事なことは毎日続けることですよ。筋トレと同じで、顔の筋肉も毎日トレーニングすることでだんだん鍛えられていくのです。

5. 内面を磨いて笑顔を作ろう

当たり前のことですが、明るい性格の人は自然と笑顔になりやすいです。また常に前を向いて美しくいようとしている人も、いつも輝いて見えます。

内面を磨くことでも自然と笑顔は作れるのです。

 

はじめは内面を磨くために、幸せになるために笑顔を作っていても、いつしかそれが反対になって内面がきれいだから、幸せだから笑顔になれるといいですね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

「いい笑顔」と「ソンな笑顔」の違いは分かりましたでしょうか。今回これを読んで普段から「いい笑顔」を作ろうと心がけようと思っていただけたら嬉しいです。

 

笑顔を良くすることで自分だけでなく、自分の周りの人も幸せに出来たら、自分の周りの人みんなが幸せになって、きっと自分にもその幸せは帰ってくるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

タグ :  

エクササイズ 笑顔 美肌 美肌のスキンケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: