美肌 スキンケア

美マイル

美白サプリに頼らない!日々のスキンケアで美白美人になれる5つの方法

美白サプリに頼らない!日々のスキンケアで美白美人になれる5つの方法

 

美白に限らず、美肌の基本は肌に負担をかけすぎないことです。

サプリで栄養素を補給して美肌を育てるのも一つの方法ですが、どうしてもコストが気になりますよね。

実は日頃から少し気をつけるだけで、コストを抑えてできる美白スキンケアがあるんです。

専門知識や技術が無くてもできる、続けるほどに効果が高まる美白ケアをご紹介します。

スポンサーリンク

 

クレンジングはシッカリ優しく

 

美白を目指すならクレンジングは擦らずに優しく行うようにと、美容家の間では言われています。

メイクオフの際ゴシゴシ擦る、洗浄成分の多いクレンジングを使う、これらの行為はタブーとされています。

なぜなら、刺激を受けた肌はメラニンを多く生成し、シミやくすみ、シワの原因となるからです。

しかし反対に、メイク汚れは刺激が大きいからシッカリとメイクオフするように、とも言われています。

優しく洗うことを心がけ過ぎてメイクが落としきれていないと、肌トラブルの原因になってしまいます。

忙しくて時間が作れない人は強めのクレンジングでササっと洗うようにしましょう。

少しでも時間に余裕がある人は優しい成分を使用して撫でるようにジックリと馴染ませて落とすと良いですよ。

市販のクレンジングではなく天然オイルなどを使用する場合は、落としにくいパーツやコスメだけ二度落としするのもお勧めです。

クレンジング後も優しく洗顔するようにしましょう。

顔と指の皮膚が触れないよう、泡と顔を密着させるイメージです。

また、クレンジングや洗顔のときは人肌程度のぬるま湯を使うようにしましょう。

冷たすぎる水や熱すぎるお湯はやはり肌への大きな刺激となってしまいます。

 

メイクオンの時間を無くす、減らす

 

肌への刺激を抑え、美白を目指すには、メイクをしている時間を減らすことが一番です。

もしある程度、素肌に自信があるのならファンデーションを塗らないことをお勧めします。

メイクする場合は帰宅後すぐに落とすことを心がけましょう。

入浴する時でいいや、と放置しておくとそれだけで肌は通常の何倍も老化していきます。

もし余裕があるのならば、後に外出の予定があっても一度メイクはオフすると美白へ近づきます。

どうせ外出前には化粧直しをするでしょうし、思い切って一度落として肌に休息タイムを与えましょう。

 

食事から美白成分を摂取する

 

サプリメントを愛用している人は美白成分の摂取が目的かと思いますが、実は日頃の食事でも十分補うことができます。

美白に良いとされる食べ物は、ハチミツ、大豆、トマト、鮭、エビ、ベリー、ブロッコリー、レモンなどです。

成分としてはビタミンA、C、E、カロテン、リコピン、アスタキサンチンなどです。

基本的に色味の濃い、鮮やかな食材が美肌成分を多く含んでいます。

具沢山のスープやサラダ、炒め物や蒸し野菜など簡単に調理できる食材ばかりですから、普段外食が多い人でも挑戦しやすいですね。

栄養素が豊富なのでモリモリ食べるとお腹も満腹になりますよ。

 

十分な睡眠でスキンケア効果を高める

 

起きている時間にどんなにスキンケアを頑張っても、睡眠環境が劣悪だと効果が半減してしまいます。

美白を目指すのなら毎日決まった時間に就寝、起床するよう心がけましょう。

可能ならば22時には眠りについていると、肌の代謝が活発化してサプリに頼らずとも美白をゲットできます。

夜は暗く、朝は明るい環境で眠ることも大切です。

肌も時間の感覚を持つことは大切で、それは正常なターンオーバーに繋がります。

ターンオーバーは肌の新陳代謝のことで、これがしっかりしていないとくすみを引き起こすことになります。

睡眠不足はストレスにもつながり、ストレスはメラニンの過剰生成を促しますから危険ですね。

 

冷えや凝りを改善して、血流を整える

 

サプリやスキンケアを頑張って白い肌を手に入れても、血色が良くなくては美白とは言えません。

正常な血流は肌に暖かみを持たせると同時に、透明感も与えてくれます。

血流が悪くなる要因は主に、身体の冷えや凝りが挙げられます。

全身の血管は繋がっていますから、たとえ手先や足先の冷えでも顔などの血色に影響してきます。

首や腰、目などの身体の中央、体幹に並ぶ位置の凝りも血流を滞らせます。

血の巡りを良くするには小まめに身体を動かす、持続性のある運動をする、入浴の3つの方法があります。

まずは同じ姿勢を長時間続けないことからはじめてみましょう。

 

まとめ

 

・クレンジングはシッカリ優しく

・メイクオンの時間を無くす、減らす

・食事から美白成分を摂取する

・十分な睡眠でスキンケア効果を高める

・冷えや凝りを改善して、血流を整える

 

美白の天敵であるシミやくすみを防ぎ改善することは、日々のちょっとした心がけで出来てしまうことが分かりましたか?

美白サプリの使用も悪くはありませんが、先ずは自分で出来ることをやってみて、それでも足りない場合に補うために使うのが賢い方法ですね。

また、美白のために行っているスキンケアはシワや開き毛穴など他のエイジングトラブルの対策にもなっています。

多くの成分を含むと価格も上がってしまうサプリと比べると非常に汎用性があるのです。

長く続けることに意味がありますから、無理をせず少しずつ、自分のペースでケアしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

タグ :  

美白 美白 美白ケア 美肌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: